スクール関係
News

膝下O脚 X脚 運動動作改善

膝下O脚 X脚 運動動作改善

カイラックス 整体スクール受講生OB OGに配信しております。

膝下O脚やO脚、X脚など

そのものは障害ではありませんが

膝関節のマルアライメントにより

骨や筋力低下など

将来的に問題が起こることも考えられます。

膝下O脚やX脚の動作改善は、

大腿骨の内旋や外旋を調整するために

特に脊柱と骨盤のアライメント

骨盤の前傾や後傾で

骨盤のニュートラルポジションを体感しながら

歩行改善を行っていきます。

立位時や歩行時に大腿直筋の活動を抑制させ

大殿筋の活動を促通させるような歩き方で

膝下O脚やX脚で多い

膝の外反を制御していきます。

一般的に、骨盤からの下行性運動連鎖に関して

大腿骨には頚体角があるために

股関節の構造上骨盤が前傾すると

大腿骨の内旋が生じ反対に

骨盤が後傾すると大腿骨の外旋が生じるという報告1)や

骨盤が後傾すると骨盤に付着する筋の作用に関して

大腿直筋の活動により

脛骨を前方へ偏位させるとした報告2,3)

さらに膝関節の外反を誘発するという報告4)がある。

また、大殿筋の活動は股関節の内旋を制動

膝関節外反モーメントに抗する5)との報告がある。

そのため、大腿直筋の活動を抑制し

大殿筋の活動を促通するために

骨盤前傾を意識したスクワットや

体幹を前傾させた着地が推奨されている6,7)

参照WEB)

片脚着地動作における膝関節内外反角度と骨盤運動の関連について

https://www.juntendo.ac.jp/hss/sp/albums/abm.php?f=abm00021282.pdf&n=2016-M-942.pdf

 

1) Kapandji, A I.(2009). Anatomy fonctionnelle.カパンジー機能解剖学 H 下肢原著第 6 版.(2010).塩田悦仁訳東京医歯薬出版株式会社

2) Myer, G, D. Ford, K R. Hewett, T.E.(2005).The effects of gender on quadriaps muscle

activation strategies during a maneuver that mimics a high ACL injury risk position. J

Wlectromyogr Kinesiol. 15, 181・189.

3) Shimokochi,Y.,Shultz,S. J.(2008). Mechanisms ‘of Noncontact Anterior Cruciate Ligament

Injury.JAthl Train 43,396・408.

4) DeMorat, G., Weinhold, P., Blackburn, T., Chudik, S., Garrett, W(2004). Aggressive quadriceps loading can induce noncontact anterior cruciate ligament injury. Am J Sports Med. 32, 477・483.

5) Leetun,D. T.,Ireland,M. L.,Willson,J. D.,Ballantyne,B. T., Davis, I. M.(2004). Core stability measures as risk factors for lowere extremity injury in athletes. Med Sci Sports Exer. 36, 926・934. 33)

6) Ohkoshi,Y.,Yasuda,K.,Kaneda,K,Wada,T.,Yamanaka,M.(1991). Biomechanical analysis of rehabilitation in the standing position. Am J Sports Med. 19, 605・611

7) Zazulak B. T.,Hewett,T. E., Reeves, N. P., Goldberg, B.,Cholewicki,J.(2007). Deficits in neuromuscular control of the trunk predict knee injury risk: a prospective biomechanicalepidemiologic study. Am J Sports Med. 35, 1123・1130

相澤 景太

カイラックス治療院 代表

コンディショニングトレーナー 整体師 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

TOP