スクール関係
News

整体 スクール 短期 鍼通電刺激

整体 スクール 短期 鍼通電刺激

カイラックス 整体 短期スクール

スクール生向けに配信しております。

今回は、通電刺激が細胞骨格構造に影響を与えること

を明らかにした実験を基に人間だとどうだろうということを

リサーチした会でした。

加重低減に伴うラットの

大腿骨の骨量減少に対する

経皮および鍼通電刺激の効果に関する研究で

低周波刺激装置を用いた

鍼通電刺激(交流)

および経皮通電刺激(直流)が、

加重低減に伴う骨量減少に対して、

どのような抑制効果を示すかについてを目的として

比較検討されています。

方法は、

7 週齢のウィスター系雄性ラット48匹を

グループは

後肢懸垂群HS、

後肢懸垂・経皮通電群 TE、

後肢懸垂・鍼通電刺激群EA

および対照群CO

の4つに分けられ

CO以外の 3 群は、

2 週間後肢 懸垂を行います。

 

TEは大腿前面にパッドを貼り、

経皮的に通電

(条件:直流、60V、50Hz、200msec)

EAは大腿前面に鍼灸鍼を刺入し、通電

(条件:交流、幅250µsec、50Hz、0.24mArms)

期間は、

通電刺激は10分/日、 6 日/週

実験期間終了後、

各群から大腿骨を摘出して組織学的に分析

HSの皮質骨表面には

TRAP反応陽性細胞が多く観察されたが、

それはTE、EAおよびCOでは少な かった。

二次海綿骨の骨梁を計測すると、

HSは COに比べて骨梁の密度が有意(P<0.05)に低くかっ た。

EAはHSに比べ有意(P<0.05)に高い骨梁密度を示したが、

TEはHSに近い状況にあり、

これらの状況は組織構造でも同様であった。

加重低減に伴う骨量減少に対して、

皮質骨に関しては経皮および鍼通電刺激は

いずれも同様な骨吸収抑制効果を示すが、

海綿骨については

鍼通電刺激においてのみ

顕著な効果が得られることが理解された。

file:///C:/Users/%E6%99%AF%E5%A4%AA%E3%81%84/Downloads/lifedesign14_101-109.pdf

鍼療法により与えられる電気的刺激が

細胞の形態と活性変化に与える影響に関する研究

通電刺激による刺激を

培養系細胞に与えることにより

おもに細胞の形態変化を明らかにした実験です。

通電刺激 を2 時間程度与えると

細胞内に分布する収縮装置である

ストレスファイバーが太くなり

細胞が収縮している様子が確認できたそうです。

また、20時間の連続的な通電刺激を与えると

ストレスファイバーの数は変わらないが

太さが増すこと明らかになった。

また,ストレスファーバーの増強に伴って

2時間 程度の通電刺激を与えると

細胞基質間接着装置

(focal adhesion)が大きくなるのが確認でき

20 時間の連続的な 通電刺激を与えると

ストレスファイバー接着斑の両方がより太く

大きくなることが確認できた。

通電刺激が細胞骨格構造に影響を与えることが明らかになった。

参考WEB)

http://www.tsukuba-tech.ac.jp/repo/dspace/handle/10460/1888

TOP