スクール関係
News

運動療法と認知療法の併用

運動療法と認知療法の併用

カイラックス整体鍼灸スクール生 

OB・OGに配信しております。

慢性腰痛に効果的な方法

運動療法と認知療法について

ご紹介させていただきます。

 

腰痛の認識

一般的に腰痛の原因というと

椎間板ヘルニアが考えられがちでしたが

その割合は全体の2~3%程度で

さらに椎間板ヘルニアの約90%は、

免疫細胞のマクロファージなどの働きにより

自然治癒が期待されことが報告されていますR)。

また、腰痛は、骨や関節、椎間板の変形・損傷といった

問題により原因がはっきりとしていることは少なく

腰痛の85%は、原因をはっきりと特定できない腰痛

「非特異的腰痛」でありR)3か月以上あるいは6か月にわたって

腰の痛みが続く状態を慢性腰痛は、

心理・社会的要因(ストレス)

強く関係していることが考えられています。

要因の一つとして

ストレスによって痛みを抑えるシステムが機能しないで

慢性的に腰痛が続くと考えられています。

このような非特異的な慢性腰痛に対して

最もエビデンス(科学的根拠)のある治療法は

「認知療法」と「運動療法」と言われております。

「認知療法」と「運動療法」の併用は、

手術による固定術を行った場合とを比較して

2年後の治療効果が同じだったという海外の報告)や

慢性非特異的腰痛管理ヨーロピアンガイドラインにおいても

「運動療法」と「認知療法」が有効であるとされています。

長期的な薬物療法や何度も繰り返されるような

ブロック療法は推奨されていません。

以前、一般的な腰痛治療とストレッチを比較して

ストレッチの方が効果があったという

研究結果を報告R)を紹介しましたが

今回は、一般的に行われる腰痛の標準治療よりも

認知行動療法が効果的だという

オックスフォード大学が行った

系統的レビューとメタ分析の研究結果)もあります。

過去に行われた腰痛治療患者合計3,359人の

参加者による23の研究から

認知行動療法と安静治療、

ガイドラインに基ずく腰痛の標準治療などを

調べた結果、認知行動療法は、

腰の痛み・障害・生活の質などの面において、

安静治療や他のガイドラインに基ずく治療法と比較して

すべての年齢層に対して

長期的な改善をもたらすという報告をしました)

腰痛は、大きく分けて2つあり

慢性腰痛については、先に述べましたが

急に激しい症状の出る「急性腰痛」

いわゆる「ぎっくり腰」などは急性腰痛に入ります。

急性腰痛にも、実際に体の組織が損傷して起こるものと

原因が特定できないものがあります。

ぎっくり腰などの急性腰痛で原因が

特定できないものになったときは

ヨーロッパやアメリカの研究及び急性腰痛ガイドラインでは、

「安静にしているよりも、できる範囲で

日常生活を送った人の方が

仕事に早く復帰できる」ことが明らかにされてきています3,4)。

Cathryn Jakobson Raminが腰痛治療について

論文をまとめた「Crooked: Outwitting the Back Pain Industry

and Getting on the Road to Recovery)」では、

カイロプラクティックやマッサージや標準治療等よりも

運動療法など身体を動かすことが効果的であるということを述べて

カイロプラクティックやマッサージで痛みが消えるのは、

エンドルフィンの分泌が影響で

それも一時的な事なものだと述べています)

患者さまやお客さまの目的が何か

その目的に対してどの

テクニックを使用するのか

認知療法や認知行動療法や動作改善

運動療法などみなさまと学びを深めていけたらと考えています。

公開日:20202.1

参照文献,WEB)

1) Airaksinen O. et al., European guidelines for the management of chronic nonspecific low back pain, Eur Spine J, 15, Suppl 2:S192-300, 2006.

2)The Effectiveness of Cognitive Behavioural Treatment for Non-Specific Low Back Pain: A Systematic Review and Meta-Analysis

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26244668

3)A. Malmivaara,et al., The treatment of acute low back pain ?bed rest, exercises, or ordinary activity?, The New England Journal of Medicine, vol. 332, no. 6, pp. 351-355, 1995.

4) Royal College of General Practitioners, The Back Book, Stationery Office Books, 2002.

5)https://af.moshimo.com/af/c/click?a_id=790466&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062&s_v=b5Rz2P0601xu&url=http%3A%2F%2Fwww.amazon.co.jp%2Fexec%2Fobidos%2FASIN%2FB01KFBO81U%2Fref%3Dnosim

配信日 2020、2、1

相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

日本工学院八王子専門学校教育課程編成委員会委員 (2016年~) 

TOP