下半身やせ
News

骨格ウェーブ 上半身ガリガリ 太りたいならこれをしよう

骨格ウェーブ 上半身ガリガリ の対処法

骨格ウェーブ 上半身ガリガリ

ダイエットをしても下半身が痩せない

しかも 体重が落ちれば落ちるほど

上半身ばかりが落ちて ガリガリになる

 

まるで 上半身と下半身で別人のよう

 

下半身も引き締めたいけど

同時に上半身も 良い意味で太りたい

上半身と下半身のバランスをそろえたい!

 

しかし

どうして上下で体型が変わるの?

 

結論からいうと

 

下半身ばかり使いすぎて

上半身があまり使えていないから

 

上半身は細身で 下半身が太い体型を

骨格ウェーブ と呼ばれています

骨格ウェーブさんには

よく見受けられる姿勢のクセがあります

 

お腹を前に突き出した反り姿勢

スウェイバック姿勢と言います

このような姿勢になると

重心位置が下がり 下半身の負担がかかる

 

簡単に言えば 下半身ばかりで支えている

そして 上半身がさほど使われていない

という状態になります

 

下半身にはたくさんの負担がかかり

筋肉が発達して盛り上がくる

 

さらに硬く張ってくると 血巡りが滞り

むくんできたり 代謝が落ちて脂肪がつき

下半身がどんどん太る

 

一方 上半身は背中やお腹まわりなど

姿勢を支える筋肉が使われず 落ちていき

やせ細っていく

 

誤った食事制限などのダイエットをすると

上半身の筋肉、皮下脂肪ばかり落ちていき

さらにガリガリな体型に

 

上半身と下半身の体型に差が出るのは

 

姿勢の崩れによって

上半身と下半身の使い方が違いすぎている

ことが考えられます

 

姿勢を整え 全身バランスよく使えるように

なると 均整とれたプロポーションに

 

上半身に程よくお肉をつけることは

下半身の負担を減らし 引き締めることに

つながるのです

 

この記事を最後までご覧いただくと

上半身ガリガリ 下半身は太い といった

体型を整える方法がわかります

 

昔からこのような体型だったから

と諦める前に ぜひ一度 姿勢の見直し

をしてみて下さい

 

上下のサイズ感を合わせたいという

あなたのお悩みの解消につながれば

嬉しいです

 

● 骨格ウェーブ 上半身ガリガリ を変えるには

 

上下のからだの使い方を整えるためには

スウェイバック姿勢を整える

ことがポイントです

 

スウェイバック姿勢について詳しくは

こちらの記事 で紹介していますが

 

骨盤が後ろに傾いていること

一番の問題です

 

骨盤が後ろに傾くことで 上半身を支える

お腹まわりの筋肉が使われず 下半身に

負担がかかってくる

 

重心位置が低くなる ということ

 

下半身ばかり 力ませ続けると

上半身はさほど使われないため

筋力が落ちて ガリガリに

 

上下のバランスを整えていくには

骨盤をまっすぐ立てること が重要です

骨盤がまっすぐ立つと

自然と背筋が伸びていきます

 

さらに

頭をひもで 上に吊られているイメージで

上に伸びると 重心位置が上がります

 

お腹にクッと力がこもればOK

前ももに触れて 筋肉が緩んでいれば

理想的な姿勢です

 

ここで ひとつだけ注意点

 

上に伸びる際に

 

肩を力ませない

肩を上にすくませない 

 

肩に力が入っていると

本来使うべき 体幹部分が使われにくくなる

 

上半身の肉づきを良くさせていくためには

お腹まわりの筋肉を使い続ける

ことが重要です

 

日頃使えていないから 痩せ細る

 

普段から正しく使い続けていれば

上半身のプロポーションに変化が

出てきます

 

上半身と下半身の体型を整えたいなら

 

骨盤をまっすぐ立てられているか

 

ぜひ一度 確認してみて下さい

 

 

骨盤をまっすぐ立てられているのかが

良くわからない

 

骨盤をまっすぐ立てられない

 

上下の体型を専門的に整えて欲しい

 

上半身ガリガリをどうにかしたい と

お悩みであれば 姿勢や動作から問題を

確認し 整体で整えさせていただきます

 

ご質問・ご不明な点がありましたら

下のボタン1クリックで 問い合わせ頂けます

お気軽にお問い合せ下さい!

 

LINEでのお問い合せ希望の方は こちら

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院  院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

TOP