スクール関係
News

コンディショニングと円皮鍼

コンディショニングと円皮鍼

カイラックス 整体 スクール

生徒様向けに配信しております。

「なんとなく体がだるい」

「肩こりや腰痛など マッサージをしても改善しない」

「病院では異常は 見つからないけど 疲れが取れない」など

病気と健康の境界線が不明瞭になり

病院では異常がないと診断された

病気ではないけど、健康でもない

半健康状態の方が増加しています。

これからは、

病気を未然に防いだり

健康維持増進するための

分野がますます

必要となることが考えられます。

スポーツの分野においては、

外傷や障害でも手術や

薬を飲み続けるケースは少なく

疲労や筋肉痛などの

早期回復や外傷や障害の予防などで

コンディショニング調整目的で

鍼治療や整体を利用する

選手が増えております。

そもそも東洋医学には

病気になりそうな状態を

未然に防ぐ健康の維持のための

知見が多くあり

コンディショニング調整や

健康維持増進には

鍼灸治療や整体が得意とする領域です。

先日は、東洋医学の知見と

スポーツの現場で使用される

スポーツ鍼灸や整体などについて

演習いたしました。

整体院や鍼灸治療院に

来院される方は

整体や鍼灸を受けることが目的ではなく

抱える悩みを改善することが

目的で来院されます。

じっくりと話を伺い

抱える悩みを解決するために

どの技法やどの方法が最適なのか考え

提案していくことが最も大事で

そのためには、技法も知識も

引き出しを多く持っていた方が良く

引き出しがなければ

その引き出しを持つ

専門家と連携して

抱える悩みを解決していくこと大事ですという

話をさせて頂きました。

スポーツ鍼灸の研究 エビデンスメモ

1)円皮鍼は長期合宿中に 起きる筋疲労を軽減する。
2)鍼治療は 高強度の運動によってもたらされる免疫機能の低下を抑制する。
3)低周波鍼通電は マウスの廃用性筋萎縮の進行を抑制する。
4)円皮鍼は 運動後の 急性筋疲労 や 遅発性筋痛 に有効である。
5)M-テストは、 スポーツ外傷の予防とパフォーマンス向上を

評価するのに有効であることが報告されておりますR)

東洋医学の知見と 最新のスポーツ鍼灸の知見を

一般の臨床の分野でも

応用して 実践していくことで

なんとなく 身体がだるい

「肩こりや腰痛などマッサージをしても改善しない」

「病院では異常は見つからないけど疲れが取れない」など

病気と健康の境界線が不明瞭なケースに対して

みなさんと

さらに知見を共有して

さらに施術の効果を

高めていければと考えています。

カイラックス整体短期スクール@東京

 

参照論文WEB

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsam/58/2/58_2_166/_pdf/-char/ja

相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)

コンデイショニングトレーナー

早稲田大学人間科学部健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

TOP