スクール関係
News

整体 スクール 立位姿勢 アライメント ドローイン

整体 スクール 立位姿勢 アライメント保持のためのドローイン

整体 短期 スクール受講生に配信しています。

立位姿勢 アライメント保持のためのドローイン

整体 短期 スクール受講生に配信しています。

本日は、ドローインを行いながらの

開眼片足立ちや閉眼片足立ちなどの

テストを行いながらドローインの有無での

バランステストなどを体感的に感じて頂きました。

その後は、ドローインの練習や

周辺筋肉の操作、骨盤・脊柱アライメントの調整など

実技やバランステストを行うということを繰り返していきました。

身体で感じたことや疑問に感じたことを

論文検索サイトで調査して体感して

これまでの臨床経験と照らし合わせながら

結論を出していくところまで進みました。

姿勢保持とドローインについて

ドローインは、腰痛予防だけでなく立位バランスの向上や

歩行バランスの向上にも有効であり

随意的不随意的にかかわらずドローインで

腹横筋による胸腰筋膜の緊張で

腹腔内圧の増加が脊柱の安定

脊柱を安定させるためには

ドローインが効果的であり

立位バランスや歩行バランスの安定に

ドローインは有効なテクニックの一つです。

体幹筋は内外腹斜筋,腹直筋,腰方形筋外側線維

脊柱起立筋群などの表在に位置する

大きな筋群の体幹グローバル筋と

腹横筋,内腹斜筋の後部線維,深部多裂筋などの

深部に位置する小さい筋群の体幹ローカル筋に分けられています。

体幹ローカル筋群は脊柱の分節的安定性を

高めるためには不可欠であり

この筋の活動がみられない場合は

脊柱は不安定のままであると報告されています1)

このため、体幹ローカル筋群に関しては

特別なトレーニングを行う必要があるとも指摘されています。

ドローインは、体幹ローカル筋の簡便な

腰痛予防およびマネージメントにおいて

重要であると報告されています2) 。

ドローインは安静呼気時に下腹部の引き込みを行うことで

選択的に腹横筋の収縮が得られるとされており

脊柱の分節的安定性が増すことで、

動作に先行する体幹の筋収縮が円滑化し

その結果、腰痛 予防・改善が期待できるとされています。

体幹深層筋である腹横筋は、脊柱の安定性向上

腰痛予防や立位バランス向上などにおいて重要である。

腹横筋による胸腰筋膜の緊張と腹腔内圧の増加が

脊柱の安定性に寄与すると報告している3)。

また,スタビライゼーションエクササイズは、

疼痛の軽減やQOLの向上、腹横筋の筋肥大にも効果がる4) 

臨床の現場でもドローインのエクササイズや

立位や歩行時のドローインなど

患者様に体感、納得いただきながら

進めて頂けたらと思います。

公開日:2020.1.16

参考文献 WEB)

1)Richardson CA, Hodges PW, Hides JA: 腰痛に対するモーター コントロールアプローチ.齋藤明彦(訳),医学書院,東京, 2008, p15. 2) Richardson CA,

2)Richardson CA, Hodges PW, Hides JA, et al: 脊柱の分節的安 定性のための運動療法―腰痛治療の科学的基礎と臨床―. 齋藤明彦(訳),医学書院,東京,2002, p95

3)Richardson C, Jull G, Hodges P et al. Therapeutic exercise for spinal segmental stabilization in low back pain. Edinburg, Churchill Livingstone; 1999.

4)慢性腰痛患者に対する体幹深層筋に注目した運動療法の有効性

https://core.ac.uk/download/pdf/144451604.pdf

テーピングを用いた腹横筋収縮法の試み 外腹斜筋,内腹斜筋,腹横筋の筋厚変化に着目して

https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2014/0/2014_1365/_pdf/-char/ja

座位での体幹傾斜および下肢挙上が腹部筋の活動に及ぼす影響

https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/46S1/0/46S1_I-109_1/_pdf/-char/ja

ドローイン歩行の身体反応

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/32/2/32_307/_pdf

 

相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

日本工学院八王子専門学校教育課程編成委員会委員 (2016年~) 

TOP