健康・メディカル整体情報
News

肩甲骨を冷やすと痩せる の?

肩甲骨を冷やすと痩せる の?

天使大学で行われた

褐色脂肪細胞の代謝活性が上昇し体脂肪が

減ったよ)という話という話をご紹介します。 

以前

温冷浴で自律神経のバランスを整える

という話をご紹介したのですが、それに関連して

肩甲骨や首周りに水シャワーを浴びたり

冷やしたりすると痩せるという

テレビを観たのですが

実際にどうでしょうかという質問を受けました。

確かに

脂肪細胞は、大きく分けて2つありまして

1.白色脂肪細胞

  脂肪をエネルギーとして蓄える

2.褐色脂肪細胞は、

 それを分解して熱にする脂肪燃焼組織

 その場所は、

 首、肩、鎖骨、肩甲骨、腎臓周辺にあります。

肩甲骨や首回りは、

褐色脂肪細胞が集まっているところでもあり

そこを冷やせば痩せそうなので

先行研究等調べてみましたら

寒冷刺激を続けていたら

褐色脂肪細胞の代謝活性が上昇し体脂肪が減ったよという話1)

がありました。

ですが方法が室温19度のところで

毎日2時間の寒冷刺激を6週間続けて

体脂肪が5%減ったという話でした。

室温19度というと

半袖では寒いくらいの温度で

寒冷刺激を2時間受け続けるのは

身体のダメージもありそうで

食事減らした方がいいような気がしますね。

褐色細胞の数は、

年齢とともに減少して

20代には、

赤ちゃんの頃より約40%、

40代は20%程度になるとのこと

生まれた時に多く

環境に対応して

年齢とともに減少していくのですが

褐色脂肪細胞をつくる設計図は

遺伝子としてあるので

寒さを刺激として

褐色脂肪細胞の減少を止めたり

またまた増えることもできるみたい2)

これからの研究が楽しみな分野です。

 

肩甲骨や首周りに水シャワーを浴びたり

冷やしたりすると痩せますが

今のところ2時間くらい必要な感じですので

痩せる目的ですと

他の方法を考えたほうが

良いのではという話でした。

 

 参照web

Recruited brown adipose tissue as an antiobesity agent in humans

https://www.jci.org/articles/view/67803

ダイエットの救世主 褐色脂肪細胞ってなんですか?

https://www.shiseido.co.jp/nouchoulab/team/04/01/

ヒト褐色脂肪:寒冷刺激による活性化とエネルギー消費との関係

https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-22590227/22590227seika.pdf

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/55/5/55_302/_pdf

 

 

相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師歴25年 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学人間科学部健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

TOP