体質改善
News

温冷浴で自律神経のバランスを整える

温冷浴で自律神経のバランスを整える

仕事のストレスや不規則なシフトが続き

身体が疲れているなと感じるときや

体調を崩しそうだな

冷え症がきつく身体や手足が温まらないなと

感じるときに使える温冷交代浴

スポーツの現場では、疲労回復の一つとして

取り入れているリコンディショニングの方法

温冷交代浴をご紹介します。

 

ふつうは

温浴や温シャワーを浴びて

そのまま浴室から出られると思いますが、

身体の温まりやほてりを

水シャワーで落ち着かせて浴室から出る方法です。

その効果は、

冷え性改善やリラックス効果1)2)

疲労回復3)などが報告されています。

 

やり方としては、

1.水をコップ1杯分のむ 150ml~200ml

2.目的:身体を温める

  38度~のお風呂かシャワーで身体を温める

  目安 5分~10分程度 

3.目的:身体のほてりを落ち着かせる

  18度ぐらいの水シャワーか水風呂  

  目安 20秒~1分浴びる

4.2.3を体調に合わせて1回から3回ほど繰り返す

5.水をコップ1杯分のむ 150ml~200ml

 

水シャワーを全身に浴びることや

水風呂につかるのはちょっとという方は

手足だけ、または、ひざ下から足だけ

水シャワーを浴びることでも

足がポカポカしたり

水シャワー後に再度お風呂に入った時に

ジュワーと血液が流れている感じがして

気持ちいいなど お客様からの評判も良いです。

 

温冷浴は、

温かいお湯で血管拡張させて副交感神経を刺激する

冷たい水で、血管を収縮させて交感神経を刺激する

この繰り返しで自律神経系が鍛えられる他に、

血管収縮作用によって血行が促進されます。

 

ダイエット中の方には

自律神経の乱れ

交感神経系の低下が脂肪をため込む

ダイエットしてるのに太ってしまう原因?

 

仕事のストレスや不規則なシフトが続き

身体が疲れているなと感じるときや

体調を崩しそうだな

冷え症がきつく身体が手足が温まらないなと

感じるときは、

温冷交代浴

スポーツの現場では、疲労回復の一つとして

取り入れているリコンディショニング

取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

参照web

https://www.hs.hokudai.ac.jp/basic-nursing/wp-content/themes/basic-nursing/document/educational01/h20_02.pdf

https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2008/0/2008_0_A1O2003/_article/-char/ja/

https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/08/jn190822-1/jn190822-1.html

 

相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科

健康スポーツマネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

TOP