小顔のつくり方
News

バッカルファット 頬のたるみを引き上げるには

バッカルファット が頬のたるみの原因?

バッカルファット

・年々頬のたるみが 目立ってきている

・ホウレイ線も 深くクッキリしてきた

・リフトアップして 若々しい印象にしたい

 

頬がたるんで 下に下がってきた

それに伴い ホウレイ線がハッキリしてきた

頬のたるみを解消し フェイスラインを上げて

見た目の印象を 良くしていきたい

 

気になる 頬のたるみの原因は 様々あり

その一つが バッカルファット です

 

バッカルファットとは 頬の内側にある脂肪

頬脂肪体とも呼ばれ 皮下脂肪の奥にあります

この脂肪体が 加齢とともに下に落ちてくると

頬のたるみ や ホウレイ線 の原因につながる

 

現代の医学では 脂肪吸引などの脂肪除去治療

以外に 部分痩せは出来ないと言われています

食事や運動を見直し ダイエットを行い

バッカルファットをピンポイントで落とす事

は難しいです

 

美容外科のバッカルファット除去治療により

取り除き 無くしてしまえば スッキリさせる

ことが出来ますが 賛否両論あります

 

また 根本的にメスを入れることに抵抗をもつ

方は どのように対処したら良いのでしょうか

 

セルフケア等で バッカルファットを取り除く

ことは難しいですが 頬のたるみやほうれい線

に対しての 対処法はあります

 

出来ることで 頬のたるみに対しリフトアップ

させ 見た目の印象を整えていきましょう

 

頬のたるみをとる為には どうしたら良いのか

ご紹介させて頂きます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

バッカルファット 除去以外でのたるみ取り

 

頬のたるみに関係する 筋肉のひとつが

上唇尾翼挙筋( じょうしんびよくきょきん )

大頬骨筋( だいきょうこつきん )

口角を上げる時に 使われる筋肉です

日頃のマスク生活で 顔の表情を動かす機会

が減り 筋肉が機能低下を起こすと 頬がたるみ

下に落ちやすくなっていきます

 

また 表情筋が衰えることで 筋ポンプが働かず

顔がむくみがちになり たるみの原因となる

 

頬のたるみを 予防していく為には

・ 表情筋の機能向上

・ 顔の循環を高める

事が大切です

 

特に 先ほどご紹介しました 口角を上げる筋肉

が 衰えないようにしていくことが重要です

 

口角を上げる筋肉のエクササイズ は

割り箸を使った表情筋トレーニングがあります

 

割り箸を一本用意し 前歯で噛みます

鏡を見ながら 口角を割り箸ラインより上に

5秒で上げて ゆっくり下ろす

意識的に 頬の筋肉を収縮させるように動かす

 

鍛えるというより コントロールして動かす事

が目的になります

鏡を見ながら 口角をしっかり上げるように

表情筋を使っていきましょう

 

表情筋を動かすことで 筋ポンプが働き

顔まわりの循環が高まりますが 慢性的に顔が

むくんでいると たるみにつながります

 

顔のリンパは

目の下、ホホ、下アゴにリンパ節があり

リンパの巡りは 目の下から顎下リンパ節に

向かうように流れていく 1)

 

マッサージするときは 目の下から顎にかけて

斜め下に さすって 緩めるのがオススメです

洗顔や化粧水をつける時などに むくみ対策の

マッサージも一緒に行うと習慣化しやすいです

 

これら 表情筋のエクササイズとむくみ取り は

脂肪以外での 頬のたるみに対する対処法です

 

バッカルファットは体脂肪の奥にある脂肪体

ですが その上には 顔の皮下脂肪がつきます

 

皮下脂肪は 全身の体脂肪のバランスと関係

するため 顔の脂肪を落としていくためには

全身の体脂肪コントロールが必要です

 

体脂肪が つく、落ちるの関係は

摂取カロリー と 消費カロリーのバランス

を整えることが重要です

 

消費以上に摂取していると 体脂肪が蓄積

しやすく 摂取より消費を増やせれば 体脂肪

を落とすことにつながる

 

ダイエットなどの体脂肪コントロールでは

顔の皮下脂肪だけを ピンポイントに落とす

ことは出来ません

全身の体脂肪を落とす中で 顔の皮下脂肪も

一緒に落としていく流れになります

 

体脂肪を落としていく方法は 様々ありますが

オススメなのは 16時間のプチ断食

一日の中で 空腹時間を16時間確保するだけ

詳しくは 上記リンク記事もご覧ください

 

【 まとめ 】

バッカルファットとは 頬の内側にある脂肪体

ダイエットでピンポイントで落とすのは難しい

 

美容外科などで バッカルファットの除去治療

がありますが メスを入れることは出来れば

避けたいというあなたには

・ 表情筋エクササイズ

・ 顔のむくみ取り

・ 全身の体脂肪コントール

を行うことで 見た目の印象に変化を出すこと

は可能です

 

口角を上げる筋肉を強化して リフトアップ

顔のむくみを流して スッキリさせる

顔の皮下脂肪を ダイエットで落とす

ことを行っていきましょう

 

セルフケアだけでは頬のたるみに変化が出ない

というあなたには 姿勢からお顔を引き締める

小顔整体 で引き締めていくことも可能です

 

・ 表情筋エクササイズのポイント

・ むくみを流す ツボ押し

・ 16時間プチ断食の 詳細

なども 合わせてご提案させて頂きます

 

小顔整体について 詳しくは

ご予約等はお手数ですが 各店舗ページから

メールにてお問い合わせください

 

参照WEB:

1)https://www.kairax.com/blog/kogao/post-2949/

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2021.04.22

TOP