大転子の出っ張り
News

太もも 前張り ダイエット で引き締める

太もも 前張り ダイエット で引き締めるなら

・体重が落ちても 前ももが引き締まらない

・膝の上のお肉が たるんで 落ちない

・太ももを引き締め 細身のパンツを履きたい

 

太ももを細くしよう と ダイエット

体重は落ちても 太もものサイズ感に変化なし

 

引き締めたい太ももが どうしても痩せない

どれくらい体重を落とせば よいのでしょうか

 

太ももを引き締める ための指標は

体重より体脂肪率でみる事 をおすすめします

 

体重が5kg 落ちたとしても 50kgの人と

100kgの人 では意味合いが変わってきます

 

また 女性のプロポーションにおいて

体脂肪率によって 肉付きに変化 が出てきます

 

体脂肪率に注目して 太ももの引き締めを

行っていきましょう

 

なぜ 体重ではなく 体脂肪率なのか

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

体型の変化は 体脂肪率で変わる

 

個人差はありますが 下半身に脂肪がついて

くるのが 体脂肪率25% を超えてから

 

太ももの脂肪を 落としていくためには

体脂肪率25%以下 にすることがひとつの目安

 

体脂肪率によって 女性のプロポーションに

どのような変化が出てくるか をご紹介させて

いただきます

・体脂肪率 20%未満

常に体を鍛え 筋肉のスジがはっきり出てくる

余分な脂肪が無い アスリート体型

 

・体脂肪率 20%~24%

理想的な 均整とれたプロポーション

筋肉と脂肪のバランスが良く 健康的に見える

 目指すのは この範囲の体脂肪率

 

・体脂肪率25%~

太って見えるわけでもない 一般的な体脂肪率

しかし 太ももの外側など 脂肪がつき始めます

 

・体脂肪率30%~

この辺りから 太もも周りのサイズ感が増し

見た目に 大きな変化が出てきます

細身のパンツに きつさを感じるようになる

・体脂肪率35%~

太ももだけでなく 全体的に脂肪がついてくる

太ももを引き締めていくためには 根本的な

体脂肪コントロール が必要となってきます

 

体脂肪率によって 太ももの見え方、印象が

変わってくるのです

 

もちろん 太ももの前張りの原因 は

脂肪だけ ではありません

 

姿勢の崩れからくる 筋肉太り も大きな原因

のひとつです

 

筋肉太りの原因と対処法 の詳しくは

太もも 前張り 原因 は筋肉太り

 

太ももについた 体脂肪はどのようにすれば

落ちて 引き締まるのでしょうか

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太もも 前張り ダイエット するには?

 

現代の医学では 脂肪吸引以外での

《 部分痩せ 》は不可能と言われています

 

気になる太もも部分だけを ピンポイントで

体脂肪を落とす のは難しいのです

 

太もも痩せの基本は 全身の体脂肪を減らす

ように 行っていく

 

体脂肪が増える、減る ということは

様々な要因がありますが シンプルにすれば

 

摂取カロリー > 消費カロリー = 蓄積

摂取カロリー < 消費カロリー = 燃焼

 

となります

 

 摂取を減らすか 消費を増やすか

消費を増やすためには 姿勢改善 が重要です

 

姿勢を支える筋肉は 毛細血管を多く含み

機能的に使うことで 血巡りが高まり代謝が

上がりやすくなる

 

日常生活を 良い姿勢で過ごすこと

これが消費カロリーを増やすベースとなります

 

その上で筋トレや有酸素運動も組み合わせると

消費カロリーを 効率よく上げる事が出来ます

 

前ももに負担をかけない姿勢 については

前もも張り 立ち方 で予防する

前もも張り 歩き方 で引き締め

こちらで 詳しくご紹介 しています

 

摂取カロリーを減らすには プチ断食が

あります

 

プチ断食といっても 様々な方法があります

その中でもおすすめなのは 16時間プチ断食

 

一日の中で 16時間の空腹時間 をつくる

プチ断食 です

 

食べ物の消化時間 + 内臓の休息時間 を確保

することで 体の体脂肪をエネルギーに変える

回路に スイッチが入りやすくなります

 

16時間 プチ断食 について詳しくは

16時間 プチ断食 やり方 と4つのポイント

こちらで 詳しくご紹介 しています

 

姿勢改善 と 16時間プチ断食 で体脂肪を

コントロールし 体脂肪率25%以下 を目指す

事で太ももの前張りに変化が出やすくなります

 

【 まとめ 】

ダイエットをしても 太ももが引き締まらない

膝の上のたるみ がどうしても取れない

 

太ももを引き締め細身のパンツを問題なく

履くためにはどうしたら良いのでしょうか

 

太ももの引き締めで 重要なのは体脂肪率

体重ではなく 体脂肪率に指標 を置く

 

個人差はありますが 成人女性の体型は

体脂肪率によって 見た目の変化が現れます

 

体脂肪率25% を超えてくると 太もも周りに

脂肪が付き始める

 

体脂肪コントロールをして 体脂肪率25%以下

を目指すのが 太もも引き締めのポイントです

 

その方法は

摂取カロリー を抑えるか

消費カロリー を増やすか

 

消費カロリーを増やすには 姿勢改善が大切

姿勢を保つ筋肉は エネルギー消費量が多く

日常の身体活動で カロリー消費をしていく

 

姿勢を整えた上で 運動も組み合わせられると

より 効果的です

 

摂取カロリーを抑える ためには 16時間の

空腹時間を確保する プチ断食がおすすめです

 

食べ物の消化時間 と 内臓の休息時間を設ける

ことで 脂肪の燃焼 につながります

 

摂取カロリー と 消費カロリー のバランスを

整え 体脂肪率25%以下 を目指していくこと

で 太もものサイズ感に変化 が生まれやすく

なっていきます

 

前もも張りを緩める ノウハウを知りたい

・上半身と サイズ感の合うパンツを履きたい

・太ももだけでなく 下半身全体も痩せたい

 

引き締まった下半身にボディメイクしたいなら

骨盤の横幅 が広くなる4つの原因と対処法

↑↑↑ こちらもご覧ください ↑↑↑

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2020.06.29

TOP