大転子の出っ張り
News

前もも張り 立ち方 で予防する

前もも張り 立ち方 で予防する

 

・前ももが太く 細身のパンツがきつい

・前ももを触ると 硬く張っている

・ダイエットしても 前ももだけ痩せない

 

細身のパンツを 履きたいけれど

前ももが張って 引っかかってしまう

 

履けたとしても 上半身とのバランスの崩れが

目立って 気になってしまう

 

上半身は痩せているのに 前ももが張っている

どうして 前ももが張ってくる のか・・・

細くする にはどうしたらよいか・・・

 

細身のデニムを着こなすために 前ももが

太く張ってしまう原因 引き締めるための

対処法をご紹介させて いただきます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

前ももが張ってくる 原因とは?

 

前ももが張って 太く見える原因のひとつが

姿勢の崩れ です

 

どのような 姿勢の崩れ かというと

お腹を突き出した 反り腰 姿勢

お腹を突き出した姿勢になると

重心がつま先へ 前がかりになっていきます

 

重心が前がかりになると 前ももで体重を

支えがちになり 常に力んで張ってくる

 

そのまま 日常生活を送っていると

常に筋トレ状態 前ももだけがたくましくなる

 

では かかとに重心を置けば良いのか・・・

かかとに重心を置く ことは大正解ですが

反り腰姿勢のまま かかとに重心を置こうと

すると 後ろに倒れそうになります

 

バランスを保つため より前ももに力みが入る

ことも考えられます

 

かかとに重心を置く 前に

お腹を突き出した 反り腰姿勢を整える

 

この 反り腰姿勢は 骨盤が後ろに傾く

骨盤後傾の歪み から起こります

 

骨盤が後傾すると 膝がくの字に曲がる

 

膝を曲げて立っている ことも

前ももの筋肉に負担 をかける原因となります

 

骨盤の後ろに傾き 膝がくの字に曲がる

お腹が前に突き出て 重心がつま先へ

 

前ももで重心を支え続けることで 張ってくる

 

これが 前ももだけが引き締まらない要因 に

なっていくのです

 

では 前ももの張りを予防する には

どのような 立ち方が理想的 なのか

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

前もも張り 立ち方 で予防しよう

 

前ももの張り を抑えるためには

重心を かかとに置く

 

厳密にいえば かかとの前方1/3の位置

 

後ろに倒れそうにならず

安定して かかとに重心を置ける 姿勢

 

その為に はじめにやることは

後ろに傾いた骨盤を まっすぐ立てること

 

骨盤を立てることで 反った腰が伸びる

また 下腹部に力が入りやすくなります

 

上半身の重さを お腹で支え

下半身に過度な負担をかけない ようにする

 

骨盤後傾姿勢の方は 下腹部が緩み 上半身の

重さが前ももに乗ってくるため 張りやすい

 

上半身の重さは 上半身で支え 保つのが理想

 

骨盤がまっすぐ立っても 重心が前がかりに

なっていると 太ももの負担は減りにくい

 

ここで 重心をかかと 前方1/3 の位置へおく

 

骨盤の横にある出っ張り(大転子)と

外くるぶし が一直線上にあれば まっすぐな軸

 

今まで 前ももで支えていた重心 は

体幹 お尻 裏もも なども使い バランスよく支え

力みの出ない姿勢 となっていきます

 

実際に 骨盤を立て かかとに重心を置いて

まっすぐ立ってみましょう

そして 前ももに触れてみてください

 

正しい軸で 立てているならば

張って 硬くなっていた 前ももが緩んでいる

ことに 気づくはず です

 

あとは この姿勢で生活習慣を送る ことで

今まで 過度に使われてきた前もも が緩み

あなた本来のライン が出てくるのです

 

【まとめ】

前ももが張り ダイエットしても細くならない

 

細身のパンツを履いたら 前もものたくましさ

が強調されて きれいに履きこなせない

 

何もしていなくても 前ももだけが張っている

 

このような 前ももの張りの原因のひとつ が

姿勢の崩れ です

 

お腹を突き出した 反り腰でいると

常に前ももに負担がかかって 筋トレ状態

 

太ももを引き締めていく 為には

立ち姿勢を整える ことが重要です

 

お腹を突き出した 反り腰姿勢は

骨盤が後ろに傾き 膝がくの字に曲がり

重心がつま先 に一手いるケースが多いです

 

重心を前ももで支えるため 常に張りやすい

前もも張り を抑えるためには

 

1、骨盤を まっすぐ立てる

2、重心をかかと 前方1/3に置く

 

骨盤を立てることで 下腹部に力が入りやすく

なり 上半身の重さをお腹で支え 下半身に

過度な負担 をかけ無くなる

 

そして 骨盤の横の骨(大転子)と外くるぶし

を 一直線で結ぶようなラインで立つ事により

お尻や裏ももの筋肉でも重心を支え 前ももに

かかる 負担を軽減させる

 

このような姿勢で立つ ことにより

前ももを直接触れると 筋肉が緩んでいること

を 確認することが出来ます

 

骨盤を立て かかとに重心を置いて

前ももが緩んでいる 姿勢がわかりましたら

それを 日常生活に取り入れていく

 

前ももが緩む姿勢 が習慣となってくれば

今まで張っていた前もも の引き締めに

つながっていきます

 

・細身のパンツを 綺麗に履きこなしたい

上半身とサイズ感の合う パンツを選びたい

前もも張りを緩めて 引き締めていきたい

・前ももだけでなく 下半身全体も細くしたい

 

引き締まった下半身にボディメイクしたいなら

骨盤の横幅 が広くなる4つの原因と対処法

↑↑↑ こちらもご覧ください ↑↑↑

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2020.06.18

TOP