大転子の出っ張り
News

前もも張り 歩き方 で引き締める

前もも張り 歩き方 が原因かも?

 

・前ももを触ると 硬く 細くならない

前ももを引き締めたい と色々試している

・体重が落ちても 太ももだけ痩せにくい

 

太ももを細くしたい と努力をするものの

思っていた成果が なかなか出ない

 

むしろ頑張れば 頑張るほど 前ももが張って

たくましく見えて しまう

 

昔から太く 痩せないから 太ももの太さは

変わらないと 諦めかけている

 

だけど やっぱり太ももを引き締めたい

そして 細身のパンツを綺麗に履きこなしたい

 

その為には どうしたら良いか

 

前もも張り の状態にもよりますが

姿勢の崩れ が大きな原因のひとつ

 

前ももの筋肉に 過度な負担 をかけている

から なかなか痩せないし 場合によっては

より たくましくなっていく

 

前もも張りを緩めて 太ももを引き締めるには

姿勢を整えること が重要です

 

前ももに負担をかけない 正しい立ち姿勢

そして 正しい歩き方 で日常生活を送る

 

この姿勢・動作が ベースとなった上で

太ももを引き締めるエクササイズ を行うと

思っていた結果に つながりやすくなります

 

では 前ももに負担をかけない姿勢 とは

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

前ももに負担をかけない姿勢とは

 

前ももが張ってくる姿勢の崩れ は

お腹を突き出した 反り腰 姿勢

になります

 

お腹を突き出した反り姿勢 になると

骨盤が後ろに傾き 重心が前がかり

になっていきます

 

重心が前がかりになると 前ももで身体を支え

常に筋トレ状態 そのため 力んで張ってくる

 

重心位置を整え 前ももに負担をかけない

立ち方 歩き方 が前もも張りを緩める秘訣です

 

前もも張り を予防する立ち方は

関連リンク⇒ 前もも張り 立ち方 で予防する

 

主なポイントは 2つ

 

・骨盤を まっすぐ立てる

・かかとの 前方1/3 に重心をおく

 

前ももに負担をかけない軸 で立つ

 

そして まっすぐ立てるようになれば

次は 歩き方 です

 

前ももの張りが出にくくなる 歩き方とは

どのようなこと に気をつければよいか

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

前もも張り 歩き方 のポイント

 

前ももが張りやすい人 の歩き方のクセは

すり足 ペタペタ歩き で歩いているケースが

多く 見受けられます

 

骨盤が後ろに傾き 重心が前がかり

上半身の重さが 前ももに乗ってくるため

思うように 脚が上がりづらく なります

 

その為 すり足 や ぺたぺた歩き に

なりやすくなる

 

思い当たる節 はありますか?

 

前ももに負担をかけないように 歩くには

・骨盤をまっすぐ立てる

・重心を かかとに置く

気をつけることは 立ち方と同様です

 

骨盤をまっすぐ立てて 下腹部を凹ますように

軽く力を入れる

こうする事で 上半身の重さを お腹で支える

 

下半身に過度な負担が かからなくなれば

脚をスムーズに 動かしやすくなる

 

着地は かかと から

無理に つま先を上げよう とし過ぎると

力みの原因 となります

 

自然な歩きの中で かかと から着地する

その後は 背筋を上に伸ばしたまま

骨盤を前に出すように 重心を移動する

 

前ももの筋肉は力ませず 下半身の筋肉

体幹の筋肉で姿勢を保ちながら 歩を進める

 

下半身全体の筋肉を バランスよく使って歩く

ことで 前ももに過度な負担をかけないように

することが 前もも張りを抑えるポイントです

 

【まとめ】

前もも張り を緩めて 細く引き締めたい

しかし努力をすると 逆にたくましくなる

 

なぜ 前ももが思うように引き締まらないのか

 

それは 姿勢の崩れ が原因のひとつ

前ももに負担がかかる姿勢 になっている

 

前ももに負担がかかる姿勢 は

お腹を突き出した 反り姿勢

 

骨盤が後ろに傾き 重心が前がかりになる

そうなると 前ももで重心を支えがち になり

前もも張り につながっていく

 

日常生活における 立ち方 歩き方 が

このような姿勢になっていると 前ももの張り

がなかなかとれず 細くなりにくい

 

前もも張りを 抑えるためには

・骨盤を まっすぐ立てる

・かかとの 前方1/3 に重心をおく

姿勢を意識する ことが大切です

 

骨盤を立て かかとに重心を置いて

まっすぐ立つと 前ももの筋肉が緩む

 

安定して 前ももが緩む立ち姿勢 が出来たら

次は 歩き方

 

歩く時も 骨盤をまっすぐ立てる

そして 下腹部を凹ますように力を少し入れる

 

上半身の重さをお腹で支え 下半身に過度な

負担がかからないようにすれば スムーズに

脚が出る ようになる

 

着地は かかと から

 

無理につま先を上げようとすると 力みに

つながるので あくまでも自然にかかと着地

 

そのまま 背筋を上に伸ばしたまま

骨盤を前に押し出すように 重心を移動する

 

前ももだけでなく バランスよく下半身の筋肉

を使って 歩くことが出来れば 前ももが張り

にくくなっていきます

 

日常生活における 姿勢・動作で

いかに 前ももに負担をかけないようにするか

 

前もも張りを 緩めるためには

まず 日頃の姿勢 を見直してみてください

 

・前ももの張りを緩め 太ももを引き締めたい

・太ももを気にせず 細身のパンツを選びたい

・太ももを引き締める 姿勢に整えたい

・前ももだけでなく 下半身全体も細くしたい

 

引き締まった下半身にボディメイクしたいなら

骨盤の横幅 が広くなる4つの原因と対処法

↑↑↑ こちらもご覧ください ↑↑↑

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2020.06.19

TOP