健康・メディカル整体情報
News

ダイエットしてないのに 痩せている人

ダイエットしてないのに 痩せている人

運動や食事制限など

ダイエットしていないのに

痩せている人は

NEAT(ニート)が多い

ことが考えられます。

NEAT(ニート)とは、

運動以外の

普段の生活や仕事での歩きや

掃除など家事などの動きなど

日常の活動による消費エネルギーです。

ランニングや筋トレなどの

運動以外の活動を

非運動性身体活動による

エネルギー消費を

NEAT(ニート)といいます。

このNEAT(ニート)に関する研究では

太っている人と、

太ってない人の日常生活での活動量を

比べたらところ

太っている人は

歩く時間や立っている時間など

活動時間が

太っている人は

平均で1日150分少なかった1)

ということや

NEAT(ニート)の割合が

運動によるダイエット効果を

左右し日常生活で座って

過ごすことが多い人よりも

アクティブに過ごしている人の方が

運動をした時のダイエット効果も高い2)

といったことが報告されています。

つまり痩せている人は、

日常生活での動きが多く

運動してもダイエット効果が高いと

考えられます。

筋トレやランニングなど運動を行っていても

日常生活が座りっぱなしで動かない

という方も多いと思います。

ダイエット成功の秘訣は

「続けやすいことを選択する」

理想の姿勢を意識する

家の掃除をこまめにやる

時々背伸びをする

いつもよりちょっと多く歩いてみる

座っている時間に立つ時間を入れる

階段を使うようにするなど

筋トレやランニングよりも

続けやすいのではないでしょうか。

NEAT(ニート)の積み重ねが

ダイエット効果につながると考えると

部屋も綺麗になって

ダイエット効果もある掃除も

やる気がでてきそうな感じがしませんか。

日常生活での活動をアクティブに行うことが

ダイエット行動のポイントとなります。

1日にのうちで

総エネルギー消費量は、

じっとしている時も使うエネルギー

基礎代謝量は、約60%

ご飯を食べた時に使うエネルギー

食事誘発性熱産生は、約10%

日常生活で使うエネルギー

身体活動量は、約30%と

3つで構成されています。

総エネルギー消費量が多いか少ないかは、

30%をしめる日常生活で

どれだけ動いたによって決まります。

運動も食事制限も

やっていないのに

ダイエットしてないのに 痩せている人は

もしかしたら

日ごろこまめに身体を動かして

NEAT(ニート)が多いのかもしれません。

日ごろから姿勢を意識する

掃除などの家事や

通勤通学の歩き

エスカレーターより階段

そういった選択が

ダイエットに効果的

ダイエットには

筋トレやランニングよりも

NEAT(ニート)がですという話の紹介でした。

 

体重60㎏の方が5㎞走ったとしても300kcal

おにぎり約1個分程度の消費エネルギー

ランニングはおにぎり約1個分

がんばってランニングすると

高脂肪の食べ物が食べたくなるかも

ランニング 食欲増進 ストレス太り

 

参照WEB

Physiology. A NEAT way to control weight?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15681373

運動以外の身体活動(NEAT)や座位行動が肥満や生活習慣病の予防改善に果たす役割

http://www.c-linkage.co.jp/dual-bia/data/2016/ts02_3.pdf

身体活動とエネルギー代謝

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-003.html

相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

TOP