下半身やせ
News

骨格ウェーブ 脚痩せない ならすべき たったひとつのこと

骨格ウェーブ 脚痩せない なら

骨格ウェーブ 脚痩せない

上半身はSサイズ 下半身はLサイズ

このように上下で別人のような体型で

悩んでいませんか?

 

上半身は痩せ型なのに 下半身だけ太い

という体型のタイプを 『骨格ウェーブ』

と呼ばれています

 

下半身やせをしたくて ダイエットをし

体重落ちても 上半身だけ痩せて 気になる

下半身はまったく細くならなかった

 

下半身の筋肉をつければ 細くなると思い

スクワットなどをしたら より太ももが

たくましくなって 太く見えるようになった

 

脚痩せしたいのに 努力の成果が思うように

出なかった

 

骨格ウェーブタイプの人が 脚痩せするために

することは ダイエット や 筋トレ では

ありません

 

することは たったひとつ

“姿勢を整える” ことです

 

骨格ウェーブタイプの下半身太りは

ただの下半身太り ではない

 

そのため 一般的な下半身やせの方法では

思うような成果が出にくいのです

 

今回は

骨格ウェーブ特化型の脚やせ方法

をご紹介させて頂きます

 

様々なチャレンジをして挫折気味の方でも

まだまだ間に合います!大丈夫です!

 

この記事を最後までお読みいただき

下半身だけ細くならない というあなたの悩み

を解消する糸口が見つかれば嬉しいです

 

● 骨格ウェーブ 脚痩せない ならすべきこと

 

はじめに 結論からお伝えします

脚を鍛えるのではなく “緩める” こと

 

これは どういうことか

 

骨格ウェーブ 特徴 あるある 16選 の記事で

ご紹介させて頂いておりますが 骨格ウェーブ

タイプの下半身太りの原因が

 

お腹を前に突き出した スウェイバック姿勢

このような姿勢の崩れにより 上半身の重さを

下半身が支え続けなければならず その負担で

太ももの筋肉などが ずっと力み続けている

 

この力みによって いつも筋トレ状態

太もも や ふくらはぎの外張りが目立つように

なっていく

 

逆に使われないところは 筋力低下を起こし

代謝が落ち 脂肪やむくみが蓄積し 太くなる

 

姿勢の崩れからくる 力みによって

2つの原因が絡み合った 下半身太りに

なっている

 

正攻法のダイエットで 脚やせ出来なかった

理由がここにあります

 

骨格ウェーブタイプの方が 脚やせするには

下半身の力みを緩めること が第一歩

 

姿勢の崩れによって 力みが出ていたので

力みを緩めるには するべきことはひとつ

 

力みの出ない姿勢に整える

 

ということです

 

次に 脚やせにつながる 力まない姿勢

のポイントをご紹介させて頂きます

 

● 脚が細くなる 力みのない姿勢

 

力みを出さない姿勢のポイントは

骨で支える こと

 

骨格が正しく積みあがっていると

骨格のバネによって重心が支えられ

筋肉にかかる負担は最小限になります

 

はじめに 今の姿勢を確認しましょう

 前ももの付け根を触れてください

 

力みによって 硬くなっていませんか?

 

ここの硬さが緩んだ姿勢が

脚やせ姿勢 になります

 

その為に することは2つ

 

1、骨盤をまっすぐ立てる

2、大転子と外くるぶしを一直線

 

ひとつづつ ご紹介していきます

 

1、骨盤をまっすぐ立てる

 

スウェイバック姿勢では

骨盤は 後ろ に傾きます

 

後ろに傾いた骨盤を まっすぐ立てる

 

骨盤を立てると

体感的には 出っ尻、反り腰に感じるかも

しれません

 

骨盤が後ろに傾いていると

ヒップトップが下がり、腰の骨の前カーブ

が ストレート気味になります

 

骨盤をまっすぐ立てて

ヒップトップが上がれば 出っ尻に

腰の前カーブが作られれば 反り腰に

はじめは感じるかもしれません

違和感に感じると思いますが

出っ尻、反り腰を感じるところを目安に

骨盤を立ててみましょう

 

2、大転子と外くるぶしを一直線

 

スウェイバック姿勢では

お腹を前に突き出した姿勢になるため

骨盤横の出っ張った骨(大転子)が

外くるぶしより前に出ます

重心が前がかりになることで 前ももの筋肉

が力みがちになります

 

大転子と外くるぶしの位置を一直線にすると

足、スネの骨、太ももの骨、骨盤がまっすぐ

積み上がり 骨で重心を支えてくれるように

なります

 

姿勢軸がまっすぐになると 骨が重心を支え

硬く張った前ももの力みが抜けて

触ると 柔らかさを感じることが出来ます

 

いかがでしょうか?

前ももの筋肉は柔らかくなりましたか?

 

 

骨盤をまっすぐ立てて

 

大転子と外くるぶしを一直線上にそろえ

 

前ももの筋肉の力みが抜ける

 

 

このような姿勢を保ち続けられれば

下半身の筋肉が 正しく バランスよく 使われる

 

これが習慣となっている人は

自然と 脚やせしていきます

 

逆に姿勢が崩れ 下半身の使われ方が

アンバランスな人は 努力をしても

思うような成果につながりづらい

 

骨格ウェーブタイプの脚やせは

どれだけ下半身の筋肉をバランスよく

使い続けられるか がポイント!

 

その為には 姿勢を整え 力みを緩める

ここからはじめることが重要です

 

下半身は痩せないもの と諦める前に

今一度 姿勢を見直してみて下さい 

 

 

・今回 ご紹介した姿勢が良くわからない

 

・実際に姿勢を確認し 整えて欲しい

 

・骨格ウェーブの体型をどうにかしたい

 

・体型を服装でごまかしたくない

 

という方は

ぜひ一度ご相談いただければと思います

 

画面右下のボタンをクリックすると

簡単にメールにてお問い合わせいただけます

LINEでのお問い合せをご希望の方は こちら

 

何気ない習慣が 下半身やせの原因に

そのままにしていても 姿勢は変わりません

 

何か姿勢への気づきを感じていただけたなら

ひとアクションしてみて下さい!

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院  院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

TOP