健康・メディカル整体情報
News

骨盤矯正ダイエット 水分補給

骨盤矯正ダイエット 水分補給

体調管理にもダイエットにも

水分補給が欠かせません。

人が生理的に必要とする水分量は、

約1.5ℓ/日、

食事中にとる水分も含めて

人が口から摂取する必要水分は、

約2.2ℓ/日を目安と言われていますが

取れていますか。

水分補給が大事だとわかっていても

身体に何かしらの変化が見えてこないと

モチベーションを保つのも大変です。

骨盤矯正ダイエットでも

体脂肪を減らしていくために

一人一人に対応して

水分の量やタイミングなど設定していきます。

動物実験でも水分摂取量の増加が

脂肪分解の増加と脂肪の減少に

つながることを明らかになっており)

体脂肪減少には水分補給が欠かせません。

生活スタイルや職種などタイミング的なことで

1日の目標水分量を摂取する

モチベーションを保つのが大変なケースもありますが

水分の摂取量が増えていくにつれて

体脂肪が減っていくと

水分摂取量と体脂肪の減少の関係を

数値で確認していただくことで

さらにモチベーションも高まって

水分補給の習慣化へと進んでいきます。

食前の水分摂取は、どうすればいいの?

食前の水分摂取は、消化の事も考慮して

個別対応で決めております。

先行研究では、

対象者50人の肥満女性に

8週間連続して通常の水分補給に加えて、

朝食、昼食、夕食の食前30分前に

500mLの水を摂取したところ

体重、体脂肪、およびBMIの低下が

みられたとのことが報告されています)。

ですが、消化などにも影響があることを考えると

お通じなど状態を把握してからのアドバイスとなります。

水は 常温がいいのか、冷蔵庫の水がいいの?

常温がいいのか、冷蔵庫の水がいいの?

年齢や目的にも応じてどちらかを提案しております。

ちなみに若い方12人を対象にした

冷水(2℃)と常温水(22℃)とカロリー消費について

の実験では、冷水(2℃)を飲んだ方が90分後の消費カロリーが

通常よりも2~3%高く

冷たい水は安静時エネルギーを一時的に増加させ

体が消化のために水を加熱することで

エネルギーを消費するため

水のカロリー燃焼の利点がさらに

向上する可能性があることを報告しています)。

以前、ブログでも

水分補給についての話を紹介しましたが

食事などにとる水分以外で

人が生理的に必要とする水分量は、

約1.5ℓ/日、

食事中にとる水分も含めて

人が口から摂取する必要水分は、

約2.2ℓ/日を目安に

あとは、タイミングと水温など調整してみるのも

楽しいではないでしょうか。

水分補給は、大切なこと

 

1)Increased Hydration Can Be Associated with Weight Loss

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4901052/

2)Effect of excessive water intake on body weight, body mass index, body fat, and appetite of overweight female participants

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4121911/

3)Effect of ‘Water Induced Thermogenesis’ on Body Weight, Body Mass Index and Body Composition of Overweight Subjects

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3809630/

4)Cardiovascular and metabolic responses to tap water ingestion in young humans: does the water temperature matter?

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24684853

TOP