体質改善
News

ダイエットはイメージする方がいい?

ダイエットはイメージする方がいい?

ダイエット行動は、続かないのが当たり前です。

運動や食事制限などわかっていても

なかなかできない

始めても続かない

それが普通です。

では、どうすれば、

運動や

カロリー制限した食行動を始めて

モチベーションを保ち

継続でき習慣化できるか

今回は、これまでの

カウンセリング(Motivation Interviewing)より

イメージを活用した

(Functional Imagery Training(FIT)1)

これまでの運動行動や食行動の

「マインドセットがシフト」され

ダイエットに効果がありましたという

イギリスのプリマス大学の研究チームの

研究結果を紹介します2)。

対象者は、BMI25以上の141人に

Motivation Interviewing(MI)と

Functional Imagery Training(FIT)の

2つのグループに分けて1回目は1時間の対面 

2回目の電話(最大45分)3ヵ月間は2週間ごとに

最大15分のBooster callsが実施されました。

その後6ヵ月間は、月に1度提供されました。

対象者は、実験が始まって6ヵ月後の終了時と

12ヵ月後に評価されました。

その結果

イメージを活用した

(Functional Imagery Training(FIT)

減量に5倍の効果があったとしています。

 

6ヵ月後

FIT群 体重減少-4.11㎏ 

MIT軍 体重減少-0.74㎏

両群の平均体重差 -3.37㎏

 

12ヵ月後

FIT群 体重減少-6.44㎏ 

MIT軍 体重減少-0.67㎏

両群の平均体重差 -5.77㎏

 

イメージを活用した

(Functional Imagery Training(FIT)

は、望むことに対して

より行動が維持されましたということです。

カイラックスでも認知行動理論などを用いて

「マインドセットシフト」を促しています。

よりイメージしてもらうことが

より運動行動や食行動だけでなく

新しいことにチャレンジする

ことなどにも行動が継続されやすいという

事なので、よりイメージしていただけるように

カウンセリングや施術中の会話なかで

チャレンジしていきます。

 

参照WEB

https://www.plymouth.ac.uk/research/psychology/functional-imagery-training

Functional imagery training versus motivational interviewing for weight loss: a randomised controlled trial of brief individual interventions for overweight and obesity

https://www.nature.com/articles/s41366-018-0122-1

相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格) コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

TOP