大転子矯正
News

骨盤の横の骨 出っ張っている『大転子』とは?

 

骨盤の横の骨 が出っ張っている

 

骨盤の横幅 を広くしてしまう出っ張り部分

≪大転子≫

と呼ばれている部分です。

 

 

大転子とは

太ももの骨(大腿骨)上端の一部です。

 

股関節を形成している部分の外側で

大転子が外側にせり出してくると

骨盤周りのサイズ感に影響が出てきます。

 

では、なぜ大転子が外側に出っ張って

くるのでしょうか。

 

それは お尻の筋肉が弱いから

 

お尻の筋肉と言っても

多くの筋肉がありますが、

これらの筋肉は大転子に付着しています。

 

お尻の筋肉がしっかり使えていると

大転子を内側に引きこめます。

 

弱いと大転子が外側に引っ張られて

骨盤の横の骨 が出っ張ってくるのです。

 

 

大転子が出っ張ってくると

 

・ウエストと骨盤でパンツのサイズ感が変わる

・スリムパンツを履くと出っ張りで引っかかる

腰の位置が下がって見えてしまう

・太ももの外側に脂肪が付きやすい

下腹部がポッコリと出てきてしまう

 

など下半身のプロポーションに

大きな影響が出てきてしまいます。

 

大転子の出っ張りを整えるには

 

お尻の筋肉を鍛える事

 

お尻の筋肉は

日頃、立つ、歩く、しゃがむ、立ち上がる

など日々の動作で使われます。

 

デスクワークなどで座っている時間が長い方も

多いと思いますが、動かない日はありません。

 

お尻を使っていない日はほぼ無いのです。

 

なのに、弱くなるお尻の筋肉

 

なぜなのでしょうか?

 

それは、

=============

お尻ではない筋肉に頼って

日々の生活を送っているから

=============

 

お尻ではない筋肉とはどこか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

お尻の代わりに姿勢を支えている筋肉は

前ももの筋肉 大腿四頭筋 です。

 

姿勢が前がかりになり、

つま先重心になってくると

前側の筋肉に力が入りやすくなります。

 

骨盤が後ろに傾き、

股関節と膝が『くの字』に曲がると

前ももの筋肉で体を支える事になります。

 

これがお尻が使えなくなる原因です。

 

骨盤の横幅 など下半身を引き締めたい

と思って、ランニングなどの運動をする

 

下半身が引き締まるどころか

前ももがたくましくなってきてしまった

 

そのような声を良く伺います。

 

重心を つま先 から かかと

 

日常生活をかかと重心に変える事によって

お尻の筋肉を使えるようになるのです。

 

お尻の筋肉を鍛える事は

大転子を引っ込めるために、とても重要!

 

しかし、お尻の筋肉を強化しても

日常生活で使えなければ、

大転子を引き込み続ける事は出来ないのです。

 

骨盤の横の骨 大転子の出っ張りを

整える為には

 

1、重心をかかとに置く

2、お尻の筋肉で姿勢を保てるようにする

3、お尻の筋肉を鍛えて大転子を引き込む

 

この流れが必要となっていきます。

 

まずはかかとに重心を置いて立ってみましょう

 

つま先が浮くか、浮かないか

後ろに倒れそうにならないか

体がフラフラしてこないか

 

真っ直ぐ立てない、姿勢を保てない方は

姿勢の歪みを整えましょう。

 

かかと重心で姿勢を保てるようにして

大転子の出っ張りを整えたい方は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

(画像をクリック)

 


 

文責 : 榎本 裕司

 

整体師(治療家歴:20年)、カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

 

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

早稲田ウェルネス研究所 研究員

全国カイロプラクティック師会会員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師歴25年 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学人間科学部健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2019.03.12

TOP