大転子の出っ張り
News

太もも 脂肪太り の原因と対処法

太もも 脂肪太り の原因は何?

 

・ねじると波打つ太もものセルライト

前ももが張って細身のパンツが入らない

内ももにたタプタプした落ちない脂肪

お尻と裏ももの境目がわからない

 

ダイエットをして、なかなか落ちない太もも

上半身はやせるのに、太もものサイズ感が

なかなか変わらない

 

どうしてこんなにも太ももばかり脂肪がつく?

 

その原因は 冷え にあり!

 

脂肪を分解するにはアドレナリンという

ホルモンが関係してきます。

 

アドレナリンは血流によって運ばれるが

太ももの血流量が低下すると、その部分の

脂肪が分解されにくくなります。1)

 

慢性的に血流量が落ち、太ももが冷えてくると

脂肪がつきやすく、落ちにくくなるのです。

 

では、なぜ太ももが冷えてくるのでしょうか。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

人間の血管は動脈と静脈に別れています。

 

動脈に並走して走る静脈は

体の外に熱を逃がして温度調整をします。

 

発汗などで体外に熱を放散した静脈血は

温度が下がり、動脈と熱交換する事によって

再度温まります。

 

頻繁に熱交換がされる手足、特に末梢部では

静脈温度は低く、体幹部分に近づくにつれ

静脈温度が高くなるのです。2)

 

よって太ももなど、下半身は冷えやすく

血流量が低下しやすいのです。

 

太ももなど冷たい汗が出て、冷たくなる

そのような事はありませんか?

 

冷たくなった太ももを温めて、脂肪を分解

しやすくするためにはどうしたら良いのか。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

冷えの改善にはツボ押しが効果的です。

 

しかしどこを押したら良いかわからない

場所によっては押しにくいし、疲れる

 

そのような方には

『押す』のではなく、『さする』事を

おすすめします

 

さすることによって皮膚の血流量が高まり

温まりやすくなります。

 

また血管を拡張させる自律神経の副交感神経が

高まり、血巡りを良くしていきます。3)

 

【まとめ】

太ももの脂肪太りの原因は冷えによって

血流量が低下、脂肪を分解させるアドレナリン

が運ばれず、溜め込みやすくなるからです。

 

血流量を低下させる冷えは、静脈の温度が

低いから起こり、温度調整を頻繁に行う手足

では特に温度が上がりにくくなる。

 

その温度を高め、血流量を高めるには

さすって、皮膚温から温めていく。

 

太ももの脂肪を落としていきたいなら

まずは太ももの血巡りを高める事から

始めていきましょう。

 

・太もも痩せをして、細身のパンツを履きたい

・エステやトレーニングなど頑張ったけど

 想像していた結果には至らなかった

・太もも痩せしたいけど、どこに行けばいいか

   わからない

 

そのような方は

太ももの付け根 ぷよぷよする原因と対策

↑↑↑こちらをご覧ください↑↑↑

 

参照web:

https://www.kairax.com/blog/taishitukaizen/post-1377/

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmbe1987/3/7/3_7_9/_pdf

https://www.kairax.com/blog/taishitukaizen/post-1371/

 

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年、カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師歴25年 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員


 

作成日:2019.11.24

TOP