産後リカバリーケア
News

産後 腰痛 原因 になる姿勢

産後 腰痛 原因 になる姿勢

 

・子供を抱っこしようとして

   腰がズキッと痛む

・子供をお風呂に入れる際に

   腰が痛い

・朝起き上がりに 腰が痛い

 

分娩後 1週間では58.5%

1ヵ月後では55.3%と

高率 で 腰痛 が発生していた

また産祷期の 腰痛 の多くは

妊娠期からの 継続的な痛み であった

 

産褥期の腰痛に関する

先行研究では1)

産後1週間後 と1ヶ月後では

腰痛の割合がほぼ変わらず

産後の腰痛の多くは

妊娠中から続いているようです

 

痛みの部位は 主に背中、腰、骨盤が多く

時聞が経過しても 痛みの発生率は

変わらないようですが

痛みの程度は 落ち着く傾向 にあります

 

 

このことから出産後すぐは

分娩による影響と育児姿勢や動作によって

骨盤のゆがみが起こり

背筋を伸ばした姿勢 を保つことが

難しいです

 

そのため腰痛の予防 には

姿勢を整える 事が大切です

 

妊娠中は 

sway back(スウェイバック)姿勢

という お腹を突き出した反り姿勢

になりやすいです

産後も この反り姿勢が残っていると

姿勢を保持する 筋肉 が

使われにくくなります

 

姿勢改善については

産後 リカバリーケア 骨盤の歪みを取る姿勢

こちらで 詳しく紹介 しております

 

腰痛に関わる筋肉は 腸腰筋などがあり

筋力低下 や固まったりすることで

姿勢が崩れやすく 腰の負担が大きくなり

痛みにつながります

 

腸腰筋については

腰痛 原因 筋肉 腸腰筋 を知ろう

こちらで詳しく紹介しております

 

産後 腰痛 の対処方法は

腹帯を付ける が最も多い一方

「我慢している」 というケースも多く

適切な対処方法 が取られていないようです

 

育児が忙しく 腰痛を我慢することが

多いと思いますが 腰痛予防には

姿勢を整える事 が大切です

 

産後 の 腰痛 を解消したい

・産後 湿布を貼っても 腰の痛みが取れない

・産後 姿勢を整えたい

・産後 育児疲れ をスッキリさせたい

 

そのような方は 産後 腰痛 原因

産後のリカバリーケア

で 姿勢から整えてまいります

 

【 産後リカバリーケアコース 】

1回 10,000円 + 税

所要時間: 60分

セッション内容: カウンセリング 姿勢検査

骨盤ストレッチ 姿勢の歪み調整 加圧エアー

立ち方・歩き方などの姿勢・動作改善

 

カイラックス 大泉学園院は 創業1996年

Wasedaウェルネス研究所 開発の

姿勢・動作改善プログラム で産後のバランス

を整えることを目的とした プロポーション

調整を 提供しております

 

お体のお悩み、不調を丁寧に伺い

姿勢検査で その原因を追究していきます

検査の結果をもとに あなた本来の正しい姿勢

生活習慣の動作改善 を行ってまいります

 

カイラックス 大泉学園院 は

完全予約制・入れ替え制 です

待ち時間無く 施術を受けて頂けます

 

より安心な環境で施術を受けて 頂けるよう

常時 一部窓を開け 換気を徹底 しております

 

またご来院お帰りの際に アルコール による

手指消毒 のご協力を頂いております

 

産後の骨盤調整 をはじめ 骨盤の横幅

に関するお悩みを姿勢・動作改善で根本から

プロポーションを整えたい という方はお気軽

に ご相談ください

=====================

★ 大泉学園 産後ケア のご予約 ご質問は

 → 大泉学園院 にメールで問い合わせる

※店舗の詳細は

※メールでのお問い合わせ では

 1、お名前

 2、お悩み( お身体の不調など )

 3、ご希望予約日時 をいくつか

 をお手数ですが ご記入ください

=====================

参考WEB:

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/35509/1/9-3_p3-14.pdf

 

文責 : 田上 尚平

整体師歴10年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス 大泉学園院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

作成日:2020.11.5

TOP