産後リカバリーケア
News

大泉学園 整体 産後 便秘

大泉学園 整体 産後 便秘

 

産後はホルモンバランスや

生活の変化によって便秘になりがちです。

 

産後 便秘の原因

水分不足

母乳は血液から作られている為

母乳を与える事で

体内に蓄えられた

水分は失われがちです。

一日の水分補給の目安は

2.2ℓ~2.5ℓ

と言われていますが

水分摂取量が

500mL以下の場合は

排便量を減少させ

便秘症状につながると言われています。

 

骨盤底筋群の脆弱化

骨盤底筋群は

妊娠期間に大きくなった

子宮を支える働きを担いますが

長期間にわたって

負荷がかかることで

産後は筋肉が引き伸ばされて緩み

たるんだ状態となります。

排便時に便を押し出す力が弱く

便秘の原因になりがちです。

 

骨盤底筋群

骨盤の底部に位置し

子宮、膀胱、腸などの

内部臓器を支える

役割を果たす筋肉群

肛門挙筋、会陰横筋、球海綿体筋

外肛門括約筋、外尿道括約筋、坐骨海綿体筋などで

構成され肛門挙筋は

さらに腸骨尾骨筋、恥骨尾骨筋

恥骨直腸筋からなっています。

 

骨盤底筋群トレーニング

仰向けで足を肩幅に開き

両膝を軽く立てて行う

1・1分間の内10秒、骨盤底筋群を締める

2・残りの50秒は力を抜く

3・1~2を10回繰り返す

 

他にもお腹のマッサージやツボ押しなどがあります。

便秘解消のツボ、マッサージの方法のご紹介

体調に合わせて

骨盤底筋群のトレーニングと

こまめに水分補給をしてみて下さい。

 

田上尚平
整体師歴:10年、カイロプラクター
コンディショニングトレーナー
カイラックス大泉学園院 院長
日本健康スポーツ従事者協会 理事
早稲田ウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太
カイラックス治療院 代表
整体師 鍼灸師(国家資格)
早稲田大学人間科学部健康福祉科学科卒
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)
早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

TOP