O脚・X脚
News

膝上の肉 原因 どうして太くなる

膝上の肉 原因 を知って引き締めよう

・膝の上にたるみがあって 太く見える

・膝まわりが太くて 膝を出すのをためらう

・膝のお皿が 埋もれている

 

昔から 膝まわりの肉付きがよく

特に 膝の上にお肉が乗っているのが悩み

 

日によって たるみ具合に変化 あり

膝を出す洋服を どうしてもためらってしまう

 

この 膝上の肉の原因 はいったい何?

どうしたら 膝をすっきり見せられるのか?

 

膝上の肉の原因は様々です

筋肉が発達している 前ももについている脂肪

 

日によって見え方が違う 膝上の肉のケース

この原因の一つが むくみ です

 

膝上ってむくむのか?

と 思う方もいると思いますが むくみは全身

にあらわれます

 

むくみは 主に筋肉にポンプによって流れます

膝まわりの筋肉のバランスによって むくみ

やすくなり 膝上のラインに影響が出てきます

 

膝まわりの循環を高めるためには

膝を力ませない姿勢 が重要です

 

この後 膝上の肉を引き締めるための

姿勢について ご紹介させていただきます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

膝上の肉 原因 は姿勢にあり

 

膝上の肉の原因の一つが むくみ

膝まわりの筋肉バランスの崩れによって

筋ポンプ作用が働かず 膝周辺にむくみが滞る

 

膝まわりのむくみを流す筋ポンプは

前ももの筋肉 大腿四頭筋

 

主に 膝を伸ばすときに使われる筋肉 ですが

重心を支える 重要な筋肉でもあります

 

姿勢の崩れによって 前ももの筋肉に負担を

かけ続けていると 硬く 張ってくる

上から前ももを見ると盛り上がっていませんか

 

前ももに過度な負担をかける姿勢 とは

骨盤の後傾 姿勢

 

骨盤が後ろに傾くことで 膝はくの字に曲がる

重心は前がかりとなり 前ももに過度な負担が

かかってきます

 

簡単に言えば 常にスクワット状態

 

前ももの筋肉を 姿勢保持で力ませ続ける事で

筋ポンプ作用が働かなくなり むくみやすい

状態に陥ってきます

 

膝のむくみを流し 膝まわりを引き締めるには

この膝の力みを緩めることが大切です

 

では 膝の力みを緩めるためには

どのような姿勢 にすれば良いのでしょうか

 

ポイントは 骨盤をまっすぐ立てる こと

 

しかし 重心が前がかりになっている方は

骨盤を立てても 前傾姿勢が残ります

それでは 膝の力みが緩みません

 

次に 膝の力みを緩める姿勢のコツ を

ご紹介していきます 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

膝まわりを引き締める ための姿勢のコツ

 

膝上の肉を引き締めるためには むくみを流す

その為には 膝まわりの筋肉の力みを緩める

ことが重要です

 

前がかりになっている重心を整えるには

まず 骨盤をまっすぐに立てること

 

しかし これだけでは重心が前残りしてしまう

ことがあります

 

そこで重心を後ろに移動させる

具体的には かかとの前方1/3 の位置

 

ここに重心を置くことで 筋肉ではなく

骨格で重心を支える ようになります

 

・いつもの何気ない 立ち方

・骨盤を立て かかとに重心を置いた立ち方

 

これで 前ももの筋肉を触って 硬さを確認する

重心を後ろに置いたほうが 前ももが緩むのを

確認いただける と思います

 

前ももの力みが緩むことで 太ももの筋ポンプ

が動きやすくなり 膝まわりのむくみが流れ

膝の上が スッキリとしていきます

 

膝の力みによって 循環が滞っている場合では

膝まわりの筋肉を鍛えるより まず力みを

緩めること が大切です

 

力みが緩んだら そのまま歩いて 筋ポンプを

より しっかり動かしていきましょう

 

膝上の肉を引き締めるための 歩き方は

膝上の肉 歩き方 で引き締めよう

こちらで 詳しくご紹介 しております

 

【 まとめ 】

膝の上に肉が乗って たるんで見える

この膝上の肉は どうしてつくのでしょうか

 

もちろん 脂肪や筋肉の問題 もありますが

大きな原因の一つが むくみ です

 

前ももの筋肉の力みよって 筋ポンプが

正しく働かず 膝まわりがむくんでくる

 

どうして 前ももの筋肉が力んでくるのか

それは 姿勢の崩れ が影響しています

 

骨盤が後ろに傾き 膝がくの字に曲がる

このような姿勢になると 重心を前ももの筋肉

が支えがちになり 力みにつながっていく

 

前ももの力みを緩め 膝まわりの循環を高める

ためには 2つのポイントがあります

 

1,骨盤を まっすぐ立てる

2,重心を かかと前方1/3 に置く

 

このように姿勢を整えることで 前ももで

支えていた負担を 骨格が支えてくれるように

なっていきます

 

すると 硬く 張っていた 前ももの筋肉が

緩むのを 感じていただけると思います

 

前ももの力みが緩む 姿勢軸に整えたら

そこから体を動かし 筋ポンプを動かし

循環をより高めていく

 

これが 膝上の肉を引き締めていく秘訣に

なります

 

膝まわりだけでなく 下半身のバランスも

気になる・・・

 

膝下O脚などの歪み も整えることで

均整取れた レッグラインに近づいていきます

 

下半身をキレイに引き締めたいという方は

膝下O脚 でふくらはぎの外側が曲がって見える原因と治し方

こちらも合わせて ご覧ください

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2020.09.4

TOP