O脚・X脚
News

膝下O脚 改善 する2つのエクササイズ

膝下O脚 改善 おすすめエクササイズ 

 

・膝下O脚整えるエクササイズがわからない

・昔からのO脚をまっすぐに整えたい

膝下を出す洋服を選びたい

 

膝下O脚はO脚とX脚の複合タイプ

見た目と動作のクセで起こると考えられます

 

膝下O脚を整える上で重要なのは

股関節 です。

 

股関節の柔軟性、機能性を高める事が

膝下O脚改善のポイントです。

 

では、なぜ股関節が重要なのでしょうか。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

膝下O脚は様々なタイプがありますが

一般的なO脚は

 

骨盤が後ろに傾く(骨盤後傾)

股、膝関節が外に捻れる(股、膝関節外旋)

足裏が内を向く(足関節の回外)

 

このような歪み方をします。

 

本来、股関節は外向き(ガニ股)になる事で

両膝がつかないO脚となります。

 

しかし、歩き方のクセなどで内股になると

膝と膝がつき、膝下O脚に

 

この内股のクセを整えた上で、O脚改善を

行うことで、美脚が作られていきます。

 

動作の歪み、内股の原因は

・お尻の筋力低下

・股関節が開かない

 

股関節を柔らかく動かし、お尻の筋肉で

しっかり支える

 

それでは、

内股を予防し、膝下O脚を改善する為の

エクササイズを紹介させて頂きます。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

股関節を柔らかくするストレッチ

ヨガの合蹠(がっせき)のポーズ

 

足の裏と裏を合わせて、あぐらをかくように

座ります。

そのまま骨盤を立てて、背筋を伸ばす

 

まだ余裕があるならば、顔は正面のまま

上半身を股関節から前へ倒します。

 

ゆっくり深呼吸をしながら20秒

 

これを2、3セット繰り返し、

股関節の柔軟性を高めていきましょう。

 

股関節の柔軟性を高めたら、お尻の筋力強化

ワイドスクワットです。

 

①足先を45度外に向け、脚を大きく横に開く

②そのまま膝を曲げ、腰を落としていきます

③ゆっくり①の姿勢に戻す

 

膝を曲げ、腰を落とす際に

 

膝と足先を同じ方向にまっすぐ出す

膝はつま先より前に出さないように

きつければ90度まで曲げなくてOK

がポイントです

 

この①~③を1日10回程度行います。

③の戻しきる時にお尻をキュッと締める

とより効果的です。

 

股関節を柔らかくして、保持する機能性を

高めることで、内股を予防し、膝下O脚改善

につながります。

 

【まとめ】

 

膝下O脚を改善するには『内股』にならない

ようにしていく。

 

一般的なO脚に内股の動作が加わることが

膝下O脚の原因の一つです。

 

ヨガの合蹠(がっせき)のポーズで柔軟性を

高め、ワイドスクワットで股関節を正しい

位置で保持していく。

 

日々の生活習慣の崩れが膝下O脚につながる

ので、予防エクササイズが改善の第一歩です

 

無理のない範囲で2つのエクササイズを実践

いただければと思います。

 

長年の膝下O脚を改善したい

・自分の姿勢や動作、歪みのクセを知りたい

正しいエクササイズの方法を教えてほしい

 

膝下O脚を動作から改善していきたい方は

膝下O脚 でふくらはぎの外側が曲がってみえる原因と治し方

↑↑↑こちらをご覧ください↑↑↑

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年、カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

治療家 整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2020.02.19

 

TOP