大転子矯正
News

股関節 ポキポキ 音が鳴るのは弾発股?

股関節 ポキポキ 鳴るのは弾発股かも!?

 

 

・股関節を回すとの腰ポキッと音が鳴る

股関節の詰まり感が気になる

・ふいに股関節がグキッとなる

 

痛みがあったり、無かったり

日常生活で股関節がポキポキいうのは

弾発股 が原因かもしれません。

 

弾発股とは・・・

股関節の動きに伴う筋肉の腱や靭帯などが

骨で引っかかり、弾かれる現象をいいます。

 

なぜ、股関節に関連する腱や靭帯が

骨に引っかかるのでしょうか。

 

それは姿勢の崩れが原因のひとつです。

姿勢が崩れると骨盤、股関節が歪みます

 

その時に股関節を動かす筋肉や靭帯などに

負担がかかり、ひずみが起きると引っかかりを

起こしてしまいます。

 

では、具体的にどのような所で

引っ掛かりが起こるのでしょうか。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

弾発股には外側型、内側型の2種類があります

 

1、外側型は大腿筋膜、腸脛靭帯、大殿筋膜 1)

 

2、内側型は腸腰筋腱 2)

で弾発が確認されています。

 

引っかかりの多くは外側で起こることが多く、

腸脛靭帯が大転子の上を滑るように動く時に

弾発します。

 

股関節や大転子に問題があったりしますが、

ほとんどの場合、筋膜、腱、靭帯への負担の

かけすぎ、使いすぎが原因といわれています。

 

内側では腸腰筋の腱が引っかかり弾発します。

腸腰筋は大転子より内側にある小転子に付着

骨盤の前、後傾の動きで伸縮します。

 

日常生活の姿勢の崩れによって、骨盤が歪み

腸腰筋が機能低下を起こすと、付着部周辺で

引っかかりやすくなります。

 

これらの弾発股を予防、改善していく為には

姿勢の見直しが重要です。

 

筋肉、腱、靭帯に負担をかけない

伸びる、縮むなどバランス良く筋肉が動く

骨で支える姿勢を意識しましょう。

 

骨で支える姿勢のポイントは

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

そのポイントは 腰を入れる

骨盤をまっすぐ立てる という事

 

猫背やそり腰姿勢は骨盤の後傾によって

起こります。

 

骨盤が後傾すると、腸腰筋は短縮し、

股関節が曲がり、重心は前、外側に乗りやすく

殿筋が硬くなります。

 

姿勢を見直し、腰が抜けている時は腰を入れる

 

その上で股関節周りのストレッチなどで緩めて

いきましょう。

 

【まとめ】

股関節を回すとポキポキ音が鳴る原因の一つに

弾発股があります。

 

外側型と内側型と2種類あり、

股関節を動かす筋膜、腱、靭帯に負担がかかり

硬まってくると、擦れて引っかかり、弾かれる

時に音が鳴ります。

 

股関節に負担をかけない『腰を入れた姿勢』

を意識し、状態に応じて股関節のストレッチを

行っていきましょう

 

・ポキポキなる股関節を

 どこで診てもらえば良いかわからない

弾発股予防の姿勢を詳しく知りたい

腸腰筋、殿筋のエクササイズを知りたい

 

そのような方は股関節の歪み専門の整体

【大転子矯正】で姿勢からみていきます。

 

大転子矯正の詳しくは

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

=====================

★大転子矯正のご予約、ご質問はこちらから

 → 恵比寿院にメールで問い合わせる

 → 大泉学園院にメールで問い合わせる

※各店舗の詳細は 恵比寿院 / 大泉学園院

 

※メールでのお問い合わせでは

 1、お名前

 2、ご希望コース

 3、ご希望予約日時をいくつか

 をお手数ですが、ご記入ください。

 


 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴:20年、カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

早稲田ウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師歴25年 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学人間科学部健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

参照WEB

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai1951/32/4/32_4_1230/_pdf/-char/en

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai1951/46/3/46_3_644/_pdf

 

作成日:2019.11.13

 

TOP