O脚・X脚
News

ふくらはぎ 太い 痩せない ならすべき事

ふくらはぎ 太い 痩せない ならば・・・

・ダイエットをしても ふくらはぎが痩せない

・ふくらはぎが張って たくましく見える

・細い すらっとした ふくらはぎに憧れている

 

ふくらはぎが張って なかなか細くならない

引き締めようと エクササイズなどするが

思っていた成果が出ず 頑張るとふくらはぎが

逆に たくましくなってしまうことがある

 

どうして ふくらはぎが痩せないのか

どうしたら ふくらはぎが細くなるのか

 

ふくらはぎが なかなか痩せない原因は

筋肉の力み です

 

姿勢の崩れなどにより ふくらはぎの筋肉に

負担を無意識的かけていて 力ませている

 

力が入っていることで 常に筋トレ状態

その上で 細くしたいと さらに筋トレをする

そうなるとふくらはぎの筋肉は 硬く 張った

状態となっていく

 

ふくらはぎが たくましく見えてしまう

だけでなく 筋ポンプが働きにくくなるため

循環が滞り むくみなどの原因につながります

 

ふくらはぎが痩せない とお困りの方は

硬く 張った筋肉を緩ませる ことに意識をおき

経過を見ていくことを おすすめいたします

 

では ふくらはぎを緩めて 引き締めるためには

どのようなことに 気をつけたら良いのか を

ご紹介させていただきます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ふくらはぎ 太い 痩せない 時は 緩める

 

ふくらはぎを引き締める ポイントのひとつが

筋肉を緩める こと

 

はじめに取り組むべきは 姿勢改善

無意識的に負担をかけ 力ませている状態を

見直して いきましょう

 

ふくらはぎに負担がかかる 姿勢の歪みは

主に 2つあります

 

1,骨盤が後ろに傾く(骨盤の後傾)

2,膝がくの字に曲がる(膝関節の屈曲)

 

これらの 姿勢の歪み が起こると

重心が 足指の付け根あたり にいきがち

になります

 

重心が前がかりになると 前に倒れないように

バランスを取ろうと ふくらはぎの筋肉が力む

 

また 骨格が歪む事で 本来骨で支える負担も

ふくらはぎの筋肉に かかってきます

 

姿勢を整えることで 骨格で重心を支えられる

ようになり 力みの軽減 につながります

 

理想的な姿勢は こちら でも詳しくご紹介して

おりますが まずは 骨盤をまっすぐ立てる

骨盤を立てることで 自然と膝が伸びてきます

 

そして 足指の付け根あたり に集中している

重心を かかとの前方1/3の位置 に置く

 

足から骨盤までが 一直線の線で引ける姿勢

になると 骨格の特性を使って 重心を支える

ように なっていきます

 

姿勢を見直し 無意識的にふくらはぎの筋肉を

力ませ 筋トレ状態だったのを 予防することが

緩める 第1歩です

 

安定的にふくらはぎの筋肉を緩めておかないと

ふくらはぎを引き締めるエクササイズをしても

たくましさが 抜けにくくなります

 

姿勢を見直したら 硬く 張った ふくらはぎの

筋肉を 緩めていきましょう

 

次に ふくらはぎの筋肉の緩め方 を

ご紹介させていただきます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ふくらはぎの筋肉を緩めて 引き締める

 

硬く 張って 力んだ ふくらはぎの筋肉

を 緩めるには ツボ押しとストレッチ を

行っていきましょう

 

はじめに ツボ押しから

筋肉を緩めるためには 血行を良くする こと

が 大切です

 

ふくらはぎは 第2の心臓 と言われるくらい

伸縮することで 末端の血液等を上半身に戻す

筋ポンプの役割があります

 

ふくらはぎの内側 特にスネの骨のキワには

循環を高めるツボが たくさん集まっています

ここを集中的に ツボ押し していきましょう

 

循環を高める ツボの場所 と 押し方は

こちらの記事 で詳しくご紹介しております

 

ふくらはぎの筋肉を ツボ押しでほぐしたら

次に ストレッチ をしていきましょう

 

一番簡単な方法は 片足を後ろに引いて

重心を前にかけて ストレッチする

日常生活の合間に 気づいたら伸ばす

こまめに伸ばせる方法です

 

ふくらはぎの筋肉は つま先を反らせる動作 で

ストレッチ がかかります

 

しっかりと伸ばしたい時は 床に仰向けで寝て

タオル等を 足先に引っ掛ける

引っ掛けたタオル等を 手前に引き 足を上げる

 

踵を天井に向けるように つま先を反らせると

強めにストレッチ がかかります

きつい場合は 反対の膝を立てて 行いましょう

 

ストレッチの時間は 20~30秒を目安 に

きつさを感じない力加減 で伸ばしましょう

 

柔らかくしようと 強めに伸ばし 筋肉が

力んでしまっては 問題です

 

緩めることが目的 のストレッチです

気持ちよく リラックスしながら行える

力加減で ストレッチをしていきましょう

 

【 まとめ 】

ふくらはぎが なかなか痩せない

その原因のひとつが 筋肉の力み

 

姿勢の崩れなどによって ふくらはぎが

常に力んで 筋トレ状態になっている

 

その上で さらに筋トレをすると

思っていた成果に つながりにくくなる

 

硬く 張った ふくらはぎを引き締めるには

筋肉を緩める ことが大切です

 

筋肉を緩めるには まずは姿勢の見直し

ふくらはぎに負担をかける姿勢 になって

いないか確認する

 

骨盤が後ろに傾き 膝が曲がる

重心が足指の付け根に集中すると バランス

を保つために ふくらはぎが張りやすくなる

 

骨盤を立て 重心をかかとの前方1/3 に置く

骨格で重心を支えるイメージ です

 

姿勢を整え ふくらはぎの力みが出にくく

なったら 硬く 張った ふくらはぎの筋肉を

緩めていく

 

緩める方法は ツボ押しとストレッチ

ふくらはぎの内側にある 循環を高めるツボ

を刺激し 筋肉を丁寧にほぐしていく

 

ふくらはぎの筋肉が 緩んできたら

つま先を反らせる動作で ふくらはぎを伸ばす

 

姿勢の見直しで ふくらはぎの力みを予防し

ツボ押し、ストレッチで 筋肉を緩める

 

これらが両輪となって しなやかさが出てくる

と なかなか痩せなかったふくらはぎに変化が

表れやすくなっていきます 

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2020.10.17

TOP