大転子矯正
News

産後 体型戻し は大転子矯正で!

産後 体型戻し は大転子から

 

・産後に開いた骨盤が戻らない

・お腹に力が入りづらくポッコリお腹

・産後下半身だけ太りやすくなった

・次の出産に向けて骨盤を整えたい

 

このように

産後、思っていたように自然と体型が戻らない

 

どうして戻らないの?

どうすれば体型が産前に戻るの?

産前よりもっと腰回りをスッキリさせたい

 

その為にすべきことは

 

姿勢を整える

 

事です。

どのように姿勢が歪んでいるのでしょうか

 

少し時間を巻き戻して、妊娠中の姿勢から

 

妊娠中は約半年お腹が大きい状態です。

 

自然とお腹を突き出し、重心は前へ

動くのも辛いし、無理は出来ない

活動量が減り、筋力バランスも崩れがち

 

出産に備えて、骨や筋肉のバランスに変化が起き

妊婦さんならではの姿勢となっていきます。

 

そして、出産

 

産後、自然と戻る所は戻っていきますが、

 

お腹が大きくしばらく使われていなかった腹筋

前重心を支え続けた前もも、ふくらはぎの筋肉

それに伴う骨のバランス

 

妊娠中の姿勢のクセは残りやすい。

 

生活習慣も関係しているバランスの崩れの為

生活習慣を戻さなければ、自然に歪みが

戻りきることは難しいものです。

 

妊娠中、無意識に姿勢が変わっていき

産後、育児に追われ、自分の姿勢を気にかける

事はなかなか出来るものではありません。

 

===================

無意識の姿勢を正しい姿勢に意識できるか

===================

 

これが産後の体型戻しに重要なことなのです

 

では、どのような歪みを整えていけばよいのか

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

産後、一番整えなければならない歪みは

骨盤の後傾 です。

 

骨盤が後ろに傾く、腰が抜ける

といった状態です。

 

これは妊娠中から続いています。

 

お腹が大きくなると、重心は前へ

膝、股関節は『く』の字に曲がり

骨盤が後ろに傾くことでバランスを保ちます

 

出産後、お腹が凹んでも、

この歪みのクセは残ります。

 

産後、授乳やおむつ替えなど前かがみが多い

骨盤を支える腹筋が緩んでいる

 

このような状態では自然と骨盤の後傾が

整っていくことは難しいものです。

 

産後の体型戻しには

骨盤の後傾を整える

ことが最優先課題になります。

 

次に骨盤が後傾すると起こる体型の崩れ

そして、正しい姿勢を紹介していきます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

骨盤が後傾すると起こる身体への影響は

 

1,内臓が下垂し、ポッコリお腹になりやすい

2,ヒップトップが下がり、垂れ尻に

3,下半身の循環が滞り、むくみやすい

4,骨盤を締める筋肉が機能せず、閉じにくい

5,太ももに負担がかかり、細くなりづらい

6,猫背姿勢になって肩こり、腰痛の原因に

7,無駄な力みが入って疲れやすくなる

 

骨盤の後傾は様々なプロポーションの崩れ、

体調不良につながっていくのです。

 

では、骨盤の後傾の歪みを整えるには

 

1,腰を入れる

2,裏ももの柔軟性を高める

3,下腹部に力を入れる

 

事をしていきましょう。

 

1、腰を入れる

『腰を入れる』とは骨盤を前に傾けること

骨盤を立てるとも言います。

 

わかりやすい確認方法は

骨盤の一番下に坐骨(ざこつ)という骨があり

椅子に座り、骨盤を立て、お尻の下に手を入れ

坐骨を感じられたら、腰が入っています。

そのまま立っていきましょう。

 

2、裏ももの柔軟性を高める

骨盤が後傾している人は裏ももの筋肉が上手に

つかえていない方が多く見受けられます。

 

その際、縮んで硬まり、骨盤を後ろに引っ張り

やすくなります。

 

腰を入れにくい、入れると腰が痛い

という方は裏ももが硬くなっている可能性が

あります。

 

仰向けで寝て、足先にタオルを引っかけ

足を上げることでストレッチします。

硬い方は反対の足の膝を立ててみて下さい

ゆっくり呼吸を止めずに20秒ストレッチ

出来る範囲の回数で大丈夫です。

 

3、下腹部に力を入れる

妊娠中の腹筋は常に引き伸ばされ、ほとんど

使われずにいました。

 

産後お腹が凹んでも、腹筋の機能は意識的に

使っていかないと機能性が自然に戻りきる事は

なかなか無いものです。

 

腹筋を鍛えるのではなく、機能性を戻す

 

その為には、下っ腹にグッと力を入れる

気付いたその時だけでも構いません。

繰り返し力を入れていくことで、機能性が

高まっていきます。

 

裏ももの柔軟性を高めて

腰をしっかり入れて

腹筋で支える

 

これが産後の体型戻しの第1歩です。

 

日常生活の姿勢が、骨盤後傾した姿勢から

腰を入れた姿勢に変わった時、身体の使い方が

変わり、プロポーションの変化に繋がります。

 

【まとめ】

産後の体型を戻していくには

姿勢を整えること

 

妊娠中、産後の生活習慣間で癖づいた

骨盤の後傾の歪みを改善し

腰を入れた姿勢に変えていく

 

その姿勢を保つことによって、

骨盤を締める腹筋やお尻の筋肉をはじめ

綺麗なプロポーションを作る筋肉に刺激が入り

使い続ける事によって体型が戻っていきます。

 

育児真っ最中では、なかなか自分の姿勢に

意識を向けることは大変かもしれません。

 

ちょっと一息の際に、一瞬でも自分の姿勢に

意識を向けて頂けると幸いです。

 

その良い積み重ねが姿勢を変え、体調を整え、

綺麗なプロポーションを作ってくれます。

 

まずは自分の骨盤が後ろに傾いていないか

この確認から始めてみて下さい。

 

出産を頑張ったママさん達のお力になれたなら

うれしい限りです。

 

・腰を入れた姿勢がわからない

・産後、お腹に力が入りづらい

・骨盤の歪みを整えたい

・一日も早く産後の体型を戻したい

・育児疲労、育児ストレスをスッキリさせたい

 

そのような方は産後の体型戻し専門の骨盤矯正

【大転子矯正】で姿勢から整えてまいります。

 

産後 大転子矯正 について詳しくは

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

★大転子矯正のご予約、ご質問はこちらから

 → 大泉学園院にメールで問い合わせる

大泉学園院  の店舗紹介

 

※メールでのお問い合わせでは

 1、お名前

 2、ご希望コース

 3、ご希望予約日時をいくつか

 をお手数ですが、ご記入ください。

=====================

 

カイラックスでは、これまで

 

産後、骨盤の横幅が拡がった

 ポッコリお腹を凹ませたい

体重は戻ったけど、骨盤周りが大きい

下半身が慢性的にむくんでいる

次の出産に向けて、骨盤を整えたい

育児疲労をスッキリしたい

 

など、多くの 産後の体型戻しで

お悩みのお客様がご来院されました。

 

産後の骨盤、姿勢を整える

“大転子矯正”を実践し

 

・産前よりパンツのサイズが小さくなった

体重に見合ったプロポーションに近づいた

・引き締まらなかった太ももが引き締まり

 細身のパンツがスッと履けるようになった

・たるんだお腹が引き締まってきた

育児疲労がスッキリ、育児が楽しくなった

 

などのお客様の声を頂きました

 

産後 体型戻し に関するお悩みは

お気軽にカイラックスへご相談ください。

 

=====================

★大転子矯正のご予約、ご質問はこちらから

 → 大泉学園院にメールで問い合わせる

大泉学園院  の店舗紹介

 

※メールでのお問い合わせでは

 1、お名前

 2、ご希望コース

 3、ご希望予約日時をいくつか

 をお手数ですが、ご記入ください。

=====================

カイラックスは

おかげさまで創業23周年を迎えました。

 

1996年創業以来、アップデートを繰り返し

ながら、産後の大転子矯正に力を入れて

取り組んでいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

カイラックスってどんな所なの???

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

カイラックスの 大転子矯正 は

早稲田ウェルネス研究所監修

 

人気女性誌 JJ an・an

など、30誌を超えるメディア取材協力

 

大手治療院口コミサイト【エキテン】

沢山のお客様の声を頂いております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎メディア紹介

 

光文社「JJ」

短期集中!部分痩せ!ふでこ式ダイエット

 

マガジンハウス「an・an」

骨盤矯正の凄い効果! 質実剛健なクリニック


◎多くの口コミありがとうございます。

 

その他,大転子矯正に関する口コミはこちら


【 大転子矯正の良くある質問】

 

Q、1回でも歪みは整いますか?

A、歪みはとれますが、定着させるのには

  最低でも5,6回続けて通うことを

  オススメしております。

 

 産後の骨盤の歪みは日常生活の姿勢のクセ

 が大きく関係しています。

 一回の大転子矯正で歪みが整う事もあります

 が、産後はデリケートなコンディションの為

 良い状態を保てず、数日後には逆戻りする

 ケースが良く見受けられます。

 プロポーションを安定させていく為には、

 最低でも1~2週に1回の来院で5、6回続ける

 事をご提案させていただいています。

 

Q、大転子矯正はいつから受けられますか

A、理想は2か月経ってからをおすすめします

 

 産後直後は産褥期といい、妊娠前の体の状態

 に戻す期間が約2ヵ月あります。

 この期間は出産に伴う体へのダメージの回復

 ホルモンバランスに変化が起こります。

 育児も含め心身ともにひと段落してからの

 体型戻しをおすすめいたします。

 

Q、大転子矯正って痛いの?

A、ご安心ください。痛みはありません。

 

 痛みや怖さを感じると、筋肉は緊張して

 硬くなります。そうなると動きをつけたい

 関節も動かなくなります。

 整体が初めての方でも、丁寧に力加減など

 伺いながら施術をしてまいります。

 心地よい施術で眠ってしまう方もいます。

 

Q、着替えはありますか?

A、当院でご用意しております。

 

 動きやすいお着替えをご用意しております

 お気軽にお越しください

 

Q、大転子矯正を受ける際、予約はいりますか?

A、お手数ですが、ご予約をお願い致します。

 

 当院は完全予約制となっております。

 ご予約を頂くことで、お待たせせず、

 あなたの 大転子の出っ張リ を整えるお時間を

   確保させていただきます。

 

=====================

★大転子矯正のご予約、ご質問はこちらから

 → 大泉学園院にメールで問い合わせる

大泉学園院  の店舗紹介

 

※メールでのお問い合わせでは

 1、お名前

 2、ご希望コース

 3、ご希望予約日時をいくつか

 をお手数ですが、ご記入ください。

 

※恵比寿院では現在産後の大転子矯正のご予約

 は受付けておりません。予めご了承ください

 


文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年、カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

早稲田ウェルネス研究所 研究員

全国カイロプラクティック師会会員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師歴25年 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員


 

作成日:2019.10.18

TOP