大転子矯正
News

垂れ尻 お尻のたるみは大転子矯正でスッキリ!

垂れ尻 は骨盤、大転子の歪みを矯正して解消!

 

どのような歪みが垂れ尻にしてしまうのか

 

それは

 

≪骨盤の後傾≫

 

です。

ヒップラインは普段は自分ではみえにくい

所なので、ついつい見落としがちに

 

ある日、鏡に映った自分のお尻が垂れていた

 

そんな経験はありませんか?

 

今回は、 垂れ尻解消の秘策を

ご紹介してまいります。

 

hip

 

ご存知でしたか?

 

垂れ尻のお尻が1cm上がると

脚が3cm長く見える

 

と言われています。

 

見え方の問題ですが

この見え方は非常に重要ですよね。

 

他人のお尻は見ることはあっても

自分のお尻は普段見ない

 

 

はじめに簡単なセルフチェックで

自分のたれ尻度 を確認していきましょう

 

 お尻と太ももの境目があいまい

 お尻が薄くなってきた

 骨盤が拡がってきた

 ウエストとヒップのサイズ差が大きい

 ポッコリお腹が出てきた

 下半身のむくみが強くなってきた

 お尻を触ると冷たい

 

当てはまるところはありましたか?

 

心当たりがある方は

「たれ尻」になっている可能性が

あります。

 

垂れ尻の原因は ≪骨盤の後傾≫ です。

骨盤が後ろに傾く

 

加齢などの筋力低下、太りすぎなどありますが

一番は日々の生活の姿勢に潜んでいます。

 

たれ尻になりやすい姿勢は・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

【たれ尻になる5つの危険姿勢】

1:椅子に浅く座り、背もたれに寄りかかる

2:猫背になっている

3:足を組んで座る

4:高いヒールを良く履く

5:すり足、ペタペタ歩き

 

などがあげられます。

 

これらの姿勢が骨盤を後傾させ、

ヒップトップが下がってきてしまいます。

 

さらに骨盤が後傾する事によって

 

・内臓が下垂して、骨盤の開き

・骨盤周りのサイズが大きくなる

・お腹の循環が滞り、下半身がむくむ

・太ももが太くなる

 

垂れ尻だけでなく

下半身太りにもつながってきてしまいます。

 

ですが、

日々の生活における姿勢が変われば

垂れ尻解消 の第1歩に

 

それでは

垂れ尻解消法を姿勢から

 

骨盤が後ろに傾く事で

ヒップトップが下がります。

 

 

日頃から意識する事は

 

『腰を入れる』

 

立つ、歩く、座る

日常生活のすべての姿勢において

骨盤を立てる事

 

これだけでも見え方はだいぶ変わります。

 

さらに

ヒップアップの為のエクササイズを加えると

理想のヒップラインに近づいていきます。

 

◎おすすめの美尻エクササイズはこちら

 

・腰を入れた姿勢が正しいのかわからない

・細身のパンツを履ける美尻になりたい

 

美尻を実現したい方は

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

(画像をクリック)

=====================

★大転子矯正のご予約、ご質問はこちらから

 → 恵比寿院にメールで問い合わせる

 → 大泉学園院にメールで問い合わせる

※各店舗の詳細は 恵比寿院 / 大泉学園院

 

※メールでのお問い合わせでは

 1、お名前

 2、ご希望コース

 3、ご希望予約日時をいくつか

 をお手数ですが、ご記入ください。


 

文責 : 榎本 裕司

整体師(治療家歴:20年)、カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

早稲田ウェルネス研究所 研究員

全国カイロプラクティック師会会員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師歴25年 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学人間科学部健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院スポーツ科学研究科健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2018.06.08

 

 

TOP