健康・メディカル整体情報
News

座るよりも立ち上がる

座るよりも立ち上がる

座っているよりも立っていた方がいいよ

という話のご紹介です。

 

米国ミズーリ大学

マーク・ハミルトン教授

 

標準的な生活を送っている

男女を対象に

日常生活の動作と

健康状態との関係について分析しました。

 

その結果

たとえまとまった運動をしていなくても

1日の中で立ちあがっている

時間が長ければ

 

それだけで

心臓病や糖尿病

それに肥満を予防する

かなりの効果が

得られていることがわかりました。 

 

一方、毎日2時間程度の運動をしたとしても

それ以外の時間に

座りっぱなしの生活をしていれば

運動の効果はほとんどないとのことです。 

立ちあがるだけでは、

一見、運動はまったくしていないように

感じられます。

 

しかし実は体内では、

運動に準じた変化が確実に起きているのです。

 

さらに血流が下半身にたまり

脳へ送られる血液が不足するといけないので、

下半身の血管をギュッと収縮させます。

 

こうした変化は、

私たちには見えませんが、

これだけでもエネルギーを消費しているのです。

TOP