大転子の出っ張り
News

大転子 ほぐす とどのような効果がある?

大転子 ほぐす とどのような効果がある?

骨盤の横幅を狭め 細身のパンツを履きたい

・お尻を小さく 骨盤周りをスッキリさせたい

・体重より 体型をスリムに整えたい

 

骨盤まわりのサイズ感 が大きい原因として

大転子 というキーワードに行き着いた

 

大転子をほぐせば 骨盤が小さくなる

そのようなことは あるのでしょうか

 

厳密に言えば 大転子は 骨 です

股関節を形成する 大腿骨の外側部分

骨をほぐすことは 正直難しいです・・・

 

しかし 骨盤の横幅を引き締める ためには

この 大転子周辺 がとても重要です

 

大転子周辺には たくさんのお尻の筋肉 が

付着しています

 

大転子周りの お尻の筋肉をほぐす

これが とても重要なこと なのです

 

では 大転子周辺のお尻の筋肉をほぐす と

どのようなことに つながるのでしょうか

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

大転子周りのお尻の筋肉をほぐす と

 

大転子周辺についている お尻の筋肉は

股関節を動かすとき に使われ

大転子の引き込み などに使われます

 

お尻の筋肉が 凝りかたまり 動かなくなると

大転子が出っ張り やすくなります

 

大転子の出っ張り が気になる方は

大転子周りをほぐして お尻の筋肉の機能性を

高めていきましょう

 

お尻の筋肉が硬くなってくると 骨盤の見え方

に影響 も出てきます

 

しなやかな丸みを帯びた ヒップラインが

四角く見えてきてしまうこと があります

 

筋肉が 収縮し 硬くなると

イメージしやすい所では 腕の力こぶ

 

筋肉が盛り上がってくることで 見た目が

たくましく 見えてしまう

 

お尻の筋肉をほぐす事で 見た目がしなやかな

ヒップライン につながっていきます

 

骨盤の横幅には まだ原因があります

それは お尻のむくみ

 

むくみは 筋肉のポンプ によって流れます

お尻の筋肉が柔らかく 姿勢保持や日常動作 で

常に刺激が入っていると使われ 筋ポンプ作用

が 起こります

 

しかし お尻の筋肉が固まっていると 巡りが

滞り 骨盤の横にむくみ がたまっていきます

 

意外と気づかない方が多い のですが

骨盤の横幅の原因は むくみかもしれません

 

そして 巡りが滞ってくると 冷えてくる

お尻を触ると冷たい という事はありませんか

 

お尻が冷えてくると 骨盤周りの代謝が落ちる

そうなると 大転子周りに脂肪が付きやすく

骨盤の横に ポコッとしたふくらみ が出来る

 

一度ついてしまった体脂肪は食事や運動による

体脂肪コントロールで 落としていかなければ

なりません

 

お尻の筋肉の機能低下により ついてしまった

体脂肪は 落とすのがとても大変です

 

まずは お尻の筋肉をほぐし 股関節の機能性を

上げたうえで ダイエットを行うことが大切

 

ダイエットで体重が落ちても 骨盤まわりが

なかなか引き締まらない という方は

このパターンに陥っている かもしれません

 

大転子に付着するお尻の筋肉を ほぐすことで

大転子を引っ込め しなやかなラインを出し

循環を高めて むくみを流し 代謝を上げる

 

骨盤の横幅を引き締める ためには

お尻の筋肉をほぐすこと が第一歩となります

 

では お尻の筋肉はどのように緩めれば良いか

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

大転子 ほぐす にはこれをしよう

 

大転子まわりに付着している お尻の筋肉を

ほぐしていく方法は 主に3つ

 

一つ目は 筋膜リリース

お尻の筋肉は 手は届くが 押しにくい部分

テニスボール や ストレッチポールなどを使い

お尻の筋肉に 直接刺激を入れて ほぐしていく

 

ボールなどをお尻にあてて 横向きで寝る

そのまま体重を乗せ 筋肉に刺激を入れていく

 

痛いくらいの刺激では 全身に力みが入るので

はじめは優しく 痛気持ちいいと感じ始める

程度の刺激量 を心がけましょう

 

家にボールなどが無い場合は バスタオル を

代用して行う方法 があります

 

タオルを使った お尻のほぐし方は

大転子 タオル を使って引き締める

こちらで 詳しくご紹介 しています

 

次に 道具を使わず ほぐしていくには

お尻のストレッチ があります

 

お尻のストレッチは 色々な態勢で行う方法が

あります

 

お尻をほぐすことは 継続して行うことが重要

なので 続けやすい方法を探してみて下さい

 

お尻のストレッチ に関しては

美尻 筋トレ 前にこれをしよう

こちらで 詳しくご紹介 しております

 

ボールやストレッチで 筋肉に刺激を入れたら

日常生活の歩き方 を意識して お尻の筋肉を

使い続けていく

 

お尻を使って歩くことで 筋ポンプ作用が働き

むくみが流れ 体脂肪コントロール につながる

 

お尻を使った 歩き方のポイントは

お尻が垂れる原因 は歩き方にある? 

こちらで詳しくご紹介しております

 

筋膜リリースで 刺激を入れ

ストレッチで しなやかさをつくる

そして 歩く時にお尻の筋肉を使っていく

 

ことで 骨盤の横幅をつくる原因に対して

対処すること が出来るのです

 

【 まとめ 】

骨盤の横幅の原因のひとつ に

大転子 というキーワードを知った

大転子をほぐせば 骨盤が小さくなる

 

厳密に言えば 大転子は骨の一部分なので

ほぐす ということは難しい

 

正確には 大転子周辺のお尻の筋肉をほぐして

骨盤の横幅を小さくしていく ということです

 

大転子周辺のお尻の筋肉をほぐす と

 

1、大転子の 出っ張り

2、骨盤横の 筋肉の盛り上がり

3、骨盤まわりの むくみ

4、大転子周りの 体脂肪

 

への 対処法につながります

 

その方法 として

 

1、筋膜リリース

2、お尻のストレッチ

3、お尻を使った歩き方

 

を ご紹介させていただきました

 

骨盤の横幅で お悩み際は

大転子周辺の お尻の筋肉をほぐす

ことから はじめてみて下さい

 

継続は力なり なので 無理せず生活習慣に

取り入れられる方法を 探して頂ければと

思います

 

・お尻をほぐして 骨盤の横幅を引き締めたい

・上半身と下半身の サイズ感を整えたい

大転子の出っ張りを整えてほしい

 

骨盤の横幅をスッキリさせたいという方は

骨盤の横幅 が広くなる4つの原因と対処法

↑↑↑ こちらもご覧ください ↑↑↑

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

 作成日:2020.07.26

TOP