大転子の出っ張り
News

太もも ふくらはぎ 痩せる ためのポイント

太もも ふくらはぎ 痩せる には

・太もも ふくらはぎが パンパンに張りやすい

・太ももが太くて 細身のデニムが入りづらい

・ふくらはぎが 張って むくみやすい

 

いつも 太もも ふくらはぎ が張っている

夕方になると 脚が疲れやすく むくみがち

 

スッキリさせたいけど スッキリしない下半身

体重が落ちても 下半身のサイズ間に変化なし

 

どうしたら細くする事が できるのでしょうか

 

太もも ふくらはぎ を引き締めるのに重要な事

なぜ 下半身がいつも張りやすいのか

を 知ることです

 

緩めて 引き締めよう と思ってもすぐに張って

くると なかなか成果が出づらいものです

 

原因は様々ありますが 大きな原因のひとつ は

姿勢の崩れ です

 

姿勢の崩れによって 太もも ふくらはぎ に

過度な負担をかけている ことで 慢性的に

張りやすく なっていくのです

 

では どのような姿勢が 下半身を張りやすく

させるのでしょうか

 

太もも ふくらはぎ が太くなる 姿勢のクセ

下半身を引き締めるための姿勢 をご紹介

させて いただきます

 

はじめに

太もも ふくらはぎ が張りやすい姿勢 から

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太もも ふくらはぎ が張る姿勢

 

一般的に 正しい姿勢軸は 横から見て

1、耳の穴

2、肩の中央

3、大転子

4、膝のやや前方

5、外くるぶし

を 一直線で引けるライン が理想的です

前後バランスよく 骨格と筋肉で 重心を支える

 

しかし 姿勢軸が崩れてくると 限られた部分で

重心を支える ことになります

 

これが 太ももとふくらはぎに過度な負担 を

かける原因 となります

 

では どのような姿勢の崩れ が起きると

太もも ふくらはぎ に負担がかかってくる

のでしょうか

 

それは お腹を突き出した 反り腰姿勢 です

骨盤が後ろに傾き 腹筋が緩み 重心が前がかり

になってくる

 

立つとき 歩いているとき など日常動作の中で

本来 重心を支えるべき 腹筋 と お尻 裏ももの

筋肉が 機能低下を起こしてくる

 

支えるべきところで 支えられないため

太もも ふくらはぎ が 常に力みがち になり

慢性的に張りやすく 疲れやすくもなるのです

 

太もも ふくらはぎ の力みを緩め

引き締めていくためには 姿勢改善 が重要です

 

次に 下半身を引きしめる姿勢 をご紹介して

まいります

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太もも ふくらはぎ 痩せる ための姿勢

 

理想的な姿勢軸をつくる ポイントは3つ

 

1、骨盤を まっすぐ立てる

2、重心を かかと前方1/3 に置く

3、下腹部を凹ますように ドローイン

 

5つの重心ラインの一番下 外くるぶしを

さらに下におろすと かかとの前方1/3部分 に

なります

 

反り腰姿勢のまま 後ろに重心を置こうと

すると 上半身が後ろに行き過ぎて 後ろに倒れ

やすくなったり つま先が上がりすぎたり

不安定になりやすい

 

はじめにすることは 骨盤をまっすぐ立てる

骨盤を立てることで 背筋が伸び 上半身が

まっすぐになっていく

 

そのうえで 重心をかかとに移していく

これで 5つのポイント が 一直線になる姿勢軸

に 整えていく

 

まっすぐ立てても下 腹部が緩んでいると

上半身の重さが 下半身に乗ってくるので

お腹を凹ます ドローイン をする

 

ドローインをして 上半身の重さを 極力お腹で

支えることで 下半身の力みを予防できます

 

太もも ふくらはぎ に負担をかけない姿勢 に

ついてはこちらで 詳しくご紹介 しています

 

関連リンク

前もも張り 立ち方 で予防する

前もも張り 歩き方 で引き締める

 

前後 上下 の重心バランスを整える ことで

太もも ふくらはぎ にかかる負担を軽減させる

 

正しい軸での 姿勢・日常動作 が出来るように

なれば 美しい均整の取れたプロポーション に

つながっていくのです

 

【まとめ】

太もも ふくらはぎ が 張りやすく 疲れやすい

ダイエットしても 下半身がなかなか痩せない

 

その原因のひとつが 姿勢の崩れ

 

太もも ふくらはぎ に過度な負担をかける

お腹を前に突き出した 反り腰姿勢

 

骨盤が後傾し 腹筋が緩み 重心は前がかりに

下腹部 お尻 裏もも が機能低下を起こし

その負担が 太もも ふくらはぎ にかかってくる

 

常に 重心を支えなければならず 力みがちに

なり 張りやすく むくみやすくもなる

 

下半身を引き締めていくためには 姿勢改善 が

重要となっていきます

 

理想的な姿勢に していくためには

・骨盤を まっすぐ立てる

・重心を かかと前方1/3 に置く

・下腹部を凹ますように ドローイン

を意識した姿勢 を心がけていく

 

重心軸を整え お腹で上半身の重さを支える

ことで 太もも ふくらはぎ に過度な負担をかけ

ないようにしていく

 

この姿勢をベースに バランスよく下半身の

筋肉を 日常動作の中で使っていく ことが

均整の取れたプロポーションづくりに重要です

 

・常に張っている 下半身を引き締めていきたい

むくみやすい下半身 をスッキリさせたい

・姿勢から 下半身の体型を整えていきたい

 

引き締まった下半身にボディメイクしたいなら

骨盤の横幅 が広くなる4つの原因と対処法

↑↑↑ こちらもご覧ください ↑↑↑

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2020.06.30

TOP