大転子の出っ張り
News

太もも 前張り ウォーキング の秘訣

太もも 前張り ウォーキング の秘訣

・長時間歩くと 前ももが張ってくる

・前ももが張って 細身のパンツが入らない

太ももが張らない歩き方 を知りたい

 

昔から歩き方がおかしいのか たくさん歩くと

前ももが やけに張ってくる

 

硬く 盛り上がり 横から見ると 太く見える

体重が落ちても 太ももだけが引き締まらない

 

引き締めたいけど 引き締まらない太もも

どうにかして 細くならないのでしょうか

 

特別 運動していなくても 日常生活で必ず行う

動作は 歩くこと

 

歩き方が崩れていると 前ももに過度な負担が

かかり 太ももの前張り につながっていきます

 

今回は 前もも張りを出さないウォーキング を

テーマに 正しい歩き方をご紹介 いたします

 

歩く時に 一番意識してほしいことは

前もも ではありません

 

前ももを引き締めるために 意識するのは

実は お腹 です

 

それは どういうことなのでしょうか

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お腹を意識すると 太ももが引き締まる?

 

太ももの前側が張ってくる 原因のひとつ が

お腹を前に出した 反り腰姿勢

 

歩く時も お腹を突き出し 前かがみ気味で

歩いている ことが考えられます

 

理想の姿勢 は

・骨盤を まっすぐ立てる

・重心を かかと前方1/3 に置く

 

こうすることで 前がかりになった重心 を

正しい位置に移動させ バランスよく下半身の

筋肉が使われる ようになります

 

前ももに負担をかけない 姿勢については

前もも張り 立ち方 で予防する

こちらで 詳しくご紹介 しています

 

ここで 重要なのが 骨盤をまっすぐ立て

かかとに重心を置く 姿勢を保持すること

 

その時に使われる筋肉が 腹筋

 

前ももの筋肉は 骨盤の傾きに関係する筋肉

その前ももの筋肉と拮抗し バランスを保つ

役割を持つのが 腹筋 です

 

骨盤をまっすぐな位置で保ち さらにお腹で

上半身の重さ を支える

 

こうする事で 前ももに負担がかからなくなり

日常生活における 前もも張りを予防できます

 

前ももに負担をかけない姿勢軸 が出来たら

歩き方 も意識していく

 

前ももに負担をかけない ウォーキングの方法

を ご紹介いたします

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太もも 前張り ウォーキング の秘訣

 

歩く動作は 一般的に 歩行周期 と言って

主に7つの動作 からなっています

 

歩行周期 について詳しくは

歩行周期 を知って正しい歩き方を身につけよう

 

歩く動作の中で 前ももの筋肉が使われるのは

・かかとから 地面に着地する時

・足裏全体が 地面につく時

この 2回 です

 

前ももの筋肉は 歩く時にブレーキをかける

役割 があります

 

着地時に 程よくブレーキをかける ことで

スムーズな歩行 が可能となります

 

この時 過度な負担を前ももにかけないように

出来るかが ポイントです

 

前ももの張りを抑える ウォーキングで

気をつける ことは

 

1、かかと着地時に 無理につま先を上げない

かかとで着地するために 力いっぱいつま先を

上げようとすると 前側の筋肉に力みが入る

 

2、足裏全体が接地する時は 骨盤を立てる

足裏全体が接地する瞬間は 先ほどの立ち方と

同じ重心位置 となります

 

骨盤からかかとの前方までが一直線になると

前後の太ももの筋肉がバランスよく使われる

 

そこに お腹を凹ますように お腹に力が入って

いると 太ももにかかる負担がより軽減される

 

お腹を前に出した 反り腰姿勢 で歩いていると

すり足 ペタペタ歩き など つま先側での着地に

なりやすい

 

また 骨盤が後傾しているため 足裏全体が着地

の時に 膝が「くの字」に曲がり 前ももに負担が

かかってくる

 

何気なく歩いている時の姿勢 によって

前ももの筋肉への負担のかかり方 が大きく

変わってきます

 

・骨盤を まっすぐ立てる

・重心を かかと前方1/3 に置く

・お腹を凹ますように ドローイン

 

この3つを意識して 歩くことが

太ももの前張りを予防する ウォーキングの

秘訣 となります

 

【まとめ】

歩いていると 前ももがやけに張ってくる

その影響で太ももがたくましく ダイエットを

しても 前ももがなかなか細くならない

 

太ももの前張りの原因のひとつが 筋肉太り

 

歩く動作は 日常生活で必ず行っていること

歩く時に 前ももに過度な負担をかけていると

前ももが張りやすく なる

 

前ももに負担をかけるのは 姿勢の崩れ

お腹を前に突き出した 反り腰姿勢

 

これによって 前ももに負担がかかりやすく

なるが 気をつけるポイントは 腹筋

 

お腹を凹ますように ドローイン すると

前ももの筋肉と拮抗して 骨盤をまっすぐに

保つこと につながります

 

骨盤を立て かかとの前方1/3 に重心を置き

お腹を凹ますこと で姿勢軸が整う

 

姿勢軸が整ったら 歩き方

歩く時に 前ももが使われるのは

 

・かかとから 地面に着地する時

・足裏全体 が地面につく時

 

この時 お腹にしっかりと力が入っていると

上半身の重さを お腹が支え 前ももに過度な

負担がかからなくなる

 

姿勢軸を整え お腹をドローインする

太ももの前張りを緩めるためには 歩き方の

見直し から始めるのが重要です

 

前もも張りを緩める 歩き方を身につけたい

・太ももを引き締め 細身のパンツを履きたい

・前ももの張りだけでなく下半身も細くしたい

 

引き締まった下半身にボディメイクしたいなら

骨盤の横幅 が広くなる4つの原因と対処法

↑↑↑ こちらもご覧ください ↑↑↑

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年 カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師 鍼灸師(国家資格)コンディショニングトレーナー

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2020.06.27

TOP