大転子の出っ張り
News

大転子 筋トレ お尻を引き締める「ブリッジ」をしよう

大転子 筋トレ でお尻を引き締める

このエクササイズがおすすめです!

 

 

NANA 綺麗な身体を作る為のトレーニング動画

チャンネル登録はこちらから

 

トレーナーNANAさんの

ヒップトレーニングでおなじみ

「ブリッジ」のご紹介です!

 

このブリッジは、

ヒップアップ効果だけでなく

大転子の出っ張りの原因となるお尻の筋肉

などの引き締めなどにも効果的です。

 

【やり方】

① 仰向けで、脚を三角に立てて骨盤の幅に開く

② 息を吐きながら、ゆっくりお尻を上げる

③ お尻の穴を閉めてキープ

  ※その間も息は止めないでください

④ 頑張れる方は膝を90度に曲げながらアップ

  左右交互に繰り返します

 ※骨盤がグラグラしないようにしっかりと

  お尻の筋肉でキープしながら脚を動かし

  ましょう

 

【ここがポイント!】

お尻を上げた時にしっかりとお尻の穴を閉めて

「お尻のほっぺにえくぼができるくらい」

お尻を意識して使いましょう

 

 

ブリッジで引き締める筋肉は

 

深層外旋六筋

 

深層外旋六筋 とは

大転子を引っ込めるお尻にインナーマッスル

 

・ 上双子筋

・ 下双子筋

・ 内閉鎖筋

・ 外閉鎖筋

・ 大腿方形筋

・ 梨状筋

 

これら股関節を外旋といって

大転子を中に引き込む動きの筋肉です。

 

普段からお尻を締めて立つ、歩くと

良く使われる筋肉です。

 

しかし根本的に機能性が失われていると

上手に力が入りづらい部分でもあります

 

まずはブリッジで深層外旋六筋に刺激を

入れて姿勢を保持

 

回数を増やして筋力強化

 

そして日常生活の姿勢で使い続ける

 

ここまで出来れば、大転子の出っ張りが

安定して引き込まれていきます。

 

・ブリッジのやり方がわからない

・大転子の出っ張りを引っ込めたい

・ヒップラインをキレイに整えたい

 

大転子の出っ張りでパンツが骨盤に引っかかる原因と矯正法

↑↑↑こちらをご覧ください↑↑↑

 

インストラクター:NANA

プロフィール

モデル・女優・ピラティスインストラクター

早稲田大学スポーツ科学部卒(スポーツ栄養学)

STOTT pilates マット初中上級修了

アスリートフードマイスター

ビューティーマエストロ

 

文責 : 榎本 裕司

整体師歴20年、カイロプラクター

コンディショニングトレーナー

カイラックス恵比寿院 院長

日本健康スポーツ従事者協会 理事

Wasedaウェルネス研究所 研究員

 

監修:相澤 景太

カイラックス治療院 代表

整体師歴25年 鍼灸師(国家資格)

早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科卒

早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 健康マネジメントコース修士課程修了(スポーツ科学)

早稲田大学スポーツ産業研究所 招聘研究員

 

作成日:2019.10.15

 

TOP