美しい姿勢のつくり方
News

子どもや高齢者の転倒予防に メカノレセプター を活性化

メカノレセプター ってご存知ですか?

簡単に行ってしまえば

バランスを保つ 為のセンサー

です.

 

feet-2358333__340

 

近年,何もないところで子どもや高齢者が転倒し

ケガ をする人が多くなっています.

階段 や 凹凸のある場所 であれば,つまづく事も

ありますが,何もないところ で転倒してしまうのは

メカノレセプター のセンサー機能が低下してきて

いるからです.

 

人は平地でまっすぐ立つことは簡単ですが,

坂道や,凹凸のある地面でも転倒せずに,立っている

事が出来ます.

 

なぜ,バランスを保持できるのでしょうか?

 

それは足の裏に『メカノレセプター』という

センサー機能 があるからです.

 

 

そのセンサー は 足裏の

Print

 

 ・親指

 ・指の付け根

 ・かかと

 

に多く分布しています.

 

立っている時に

 

カラダ が真っ直ぐ保てているか

重心 が傾いていないか

 

など,足裏 と 耳の三半規管 などから

脳 へ情報を伝え,姿勢を保つ 筋肉が機能します。

 

最近では,性能の高い靴,靴下 などで

足が守られている一方,足裏の 感覚が鈍く

なりがちです。

 

メカノレセプター の 機能低下 により

何もないところでつまずき

転倒 しやすくなったり

姿勢が歪みやすくなります.

 

高齢者の転倒予防にもつながる整体プログラム

 

メカノレセプター の活性化には

 

1,足裏を刺激する

2,足の指をつかう

 

ことが効果的です.

 

家の中で

 

・裸足 (もしくは 5本指ソックス )で過ごす

・青竹 を踏む

・床に敷いた タオル を足指でたぐり寄せる

 

などを 意識的に行う とメカノレセプターの

活性化 につながります.

 

また,メカノレセプターは足裏だけでなく,

関節を形成する組織にも存在しています.

滑膜 , 関節包 , 脂肪体 , 靭帯 , 半月板 , 筋 , 腱 など

姿勢の維持 や 運動時 にセンサーが機能しています.

 

スポーツ障害 などで膝の 前十字靭帯 の損傷など

すると,固有受容器 から情報が脳に届きにくくなる

為,バランス を崩す原因ともなります.

 

メカノレセプターの 機能性 を確認するには

閉眼片足立ち があります.

 

メカノレセプターの機能性を高めるテストをする整体

 

目を閉じて,片足立ちになり,バランスを保ちます。

年齢 に応じて 基準 となる秒数があるので,

ぜひ,チャレンジ してみてください.

 

また、転倒予防には 足首の柔軟性 も重要です.

歩くとき にしっかり つま先 が上がっていないと

つまづく原因 となります.

つま先を上げているつもりでも上がっていなかった

なんて 話を耳する ことも多いです.

 

転倒予防の為に

足首の柔軟性を高める為には

足首回し体操 』があります.

 

足裏のメカノレセプターで地面の情報を

正しく脳に伝え,その情報をもとに,

足首の柔軟性で転倒しないように

バランスを保つ

 

閉眼片足立ちテストでメカノレセプターの

機能性を確認

足裏の刺激や足指の体操で活性化

 

足首の柔軟性を高めて,地面への対応力を

強化する事が転倒予防につながります.

 

バランス感覚テストの方法など,

ご不明な点,ご相談がありましたら,

お気軽にカイラックスへお越しください.

 

カイラックス恵比寿院 榎本裕司

 

 

★転倒予防の為にはこちらの整体がおすすめ

 →カイラックスGoldコース

 

★足裏の感覚を高める整体のご予約はこちら

 →恵比寿

 →大泉学園

 

 

TOP