ブログ
News

前屈が硬い 原因は?

前屈が硬い,前屈しても床に手がつかない

ストレッチをしても痛くて続かないし、

少し柔らかくなっても、翌日にはまた硬くなる

そのような経験はありませんか?

 

下半身 ブログ3

 

前屈が硬い原因は主に3つです。

①骨盤の後傾の歪み

②筋力低下

③姿勢

 

一つ目の原因は骨盤が後傾に倒れていること

前屈するときには骨盤は前に傾きながら

腰を折り曲げていきます。

骨盤が後傾している方はしっかり前に傾く

可動域が狭いので、途中で引っかかります。

また,骨盤が後傾している人は、腰を伸ばして

座るのも苦手な方が多いです。

 

二つ目の原因は筋力が低下していく時に

筋肉は委縮といって、縮んで硬くなります。

筋力低下を起こすと筋肉は伸びにくくなります。

 

三つ目の原因は姿勢に関係があると思います。

姿勢が悪く丸いと呼吸が浅くなり酸素が

上手に体に回りません。体内の酸素が

少なくなると筋肉がより硬く緊張してしまいます。

 

前屈が硬い事によるデメリット

①下半身が疲れやすい

②むくみ

③下半身が太りやすい

④腰痛

⑤怪我

 

前屈が硬いと下半身が疲れやすくなります。

日常生活において下半身の動きが悪くなり

血液の循環が滞り、疲れる原因の老廃物が上手に

排出できません。結果的にむくみになり

下半身の代謝が落ちて太くなりやすくなります。

 

腰痛は下半身が硬いと骨盤が後ろに引っ張られて

骨盤が後傾になり、骨盤が後傾になることで

腰によりストレスがかかり,腰痛になります。

 

怪我は可動域が広がるので,体に負担が少ない

動きが可能になる。筋肉の柔軟性がないことが

原因ですが,肉離れや捻挫や腱を痛めやすいです。

 

 

下半身を柔らかくするには

まず3つの筋肉を特に柔らかくする必要があります。

下半身 ブログ

①大腿二頭筋

②半腱様筋

③半膜様筋

この3つをまとめてハムストリングスと

呼びます。太ももの裏側に位置する筋肉があり

骨盤の下から膝の関節の下に繋がっています。

体を前屈して伸ばした時に膝裏辺りが痛く

なるのは膝の下まで筋肉が繋がっているからです。

 

 

下半身の硬いのを改善する為のストレッチと正しく座る姿勢

悪く座る姿勢

下半身 ブログ4

日常で椅子やソファーに座る時に,深く腰掛けずに

もたれかかる姿勢では骨盤が後傾して腰にストレスが

かからずにハムストリングスが使われていません。

 

正しい姿勢

下半身 ブログ5

深く腰掛けて座る事で骨盤が立ちハムストリングスが

上手に使われます。

 

 

ストレッチ

①仰向けになり、裏側にタオルを引っかける

下半身 ブログ6

②タオルを引っかけた方の脚を天井方向にゆっくり

持ち上げる。膝は自分の伸ばせる範囲でしっかり

伸ばして、そのまま5分ぐらいキープします。

それを左右両方の足を伸ばす。

 

下半身の硬さは数日間では柔らかくなりません。

日々のストレッチで少しずつ柔らかくなります。

テレビなど観ながらできる簡単なストレッチです。

毎日、ストレッチを頑張りましょう。

 

下半身の硬さがきになる方は一度,カイラックスに

お越してください。

下半身の引き締める整体やトレーニングも同時に行えます。

 

★ご予約は

恵比寿  ご予約は03-3440-4422

大泉学園 ご予約は03-5387-4900

 

各店舗ページよりメールでもご予約を承ります。

ご不明な点,ご質問がありましたら,お気軽に

ご連絡ください。

 

カイラックスはカイロプラクティックをベースとした

整体・骨盤矯正で背骨のズレを整え,神経の通りを

良くして,一人一人のウェルネス(健康維持・増進)

とEnjoy Lifeを実現いたします。

TOP