ブログ
News

紫外線対策 のポイントをまとめました。

5月に入り、日増しに気温が上がり、7月上旬の陽気

となっているようです。

 

この時期に気をつけなければならない事があります。

 

それは紫外線です。

 

紫外線の量は7,8月がもっとも多いですが、

お肌のトラブルにつながるのは、5月の紫外線です。

 

この時期の紫外線であるUV-Aは波長が長く、

皮膚の奥まで届きます。真皮にダメージを受けると

シワやたるみの原因となってしまいます。

 

雲や窓ガラスも通してしまう紫外線なので、

曇り空の日や室内でも注意が必要です。

 

 

対策はやはり日焼け止めをしっかりと塗る。

 

その前にしっかりとお肌を保湿してから塗ると

効果的です。

 

また、強く擦りこむと肌の負担になるので、

丁寧に優しく、重ね塗りするのがオススメです。

 

 

しかし、紫外線も良くない事だけではありません。

 

紫外線には体内でビタミンDを合成させる働きが

あります。

 

ビタミンDはカルシウムの吸収を促し、

骨を強くしてくれます。

 

1日15分程度 直射日光にあたるのは

健康に良い事です。

 

お昼頃が最も紫外線が強くなるので、朝方か夕方の

日差しが落ち着いている時に外で体を動かせると

良いと思います。

 

 

正しい情報があれば、健康的な一面があるのが

紫外線です。

 

aozora

 

青葉が芽吹く気持ちの良いこの季節だからこそ、

青空の下でひなたぼっこなどいかがでしょうか?

 

カイラックス恵比寿院 榎本裕司

 

 

★お肌のトラブルを整えるなら

 →美容鍼灸

 

★整体、骨盤矯正・美容鍼灸のご予約はこちら

 →恵比寿

 →大泉学園

 

TOP