ブログ
News

肩甲骨 ストレッチ で背中を緩める

セルフで肩甲骨に効果がある 肩甲骨 ストレッチ の紹介です。

ヨガには肩甲骨に効かせるポーズがいくつもあります。

ここで簡単なポーズを3つ紹介します。

呼吸を止めないように意識しながら、無理せず

心地よく感じる程度でやってみて下さい。

 

①猫のポーズ

呼吸に合わせて肩甲骨を柔らかく動かしていきます。

【手順】

手を肩幅、足も腰幅程度に開き、四つん這いの状態にします。

息を吐きながら背中を丸めていきます。

臍をのぞき込むようにします。

今度は息を吸いながら背中を反らし、目線を天井に向けます。

目線を天井に向けましょう。肩と耳を離すように意識します。

【手順】

手に痛みがある場合は無理に反らないようにしてください。

 

②太鼓橋のポーズ

首や肩の歪み、猫背の解消に効果的なポーズです。

【手順】

仰向けになり、両膝を立てます。腰幅に開き

ももの間はこぶし1分開きます。

息を吸いながら足の裏で床をしっかりと押して腰を持ち上げます。

胸とお腹をあごに近づけるように意識します。

両腕を伸ばしたまま、腰の下で握ります。

肩甲骨を寄せ、さらに胸を上に持ち上げ、5つ呼吸します。

【注意点】

肩に力が入らないように注意して下さい。

 

③ベビーコブラのポーズ

前傾姿勢が多い人や背中を引き締めたい人におススメです。

また首や肩周辺をほぐす効果もあります。

【手順】

うつ伏せの状態で始めます。腰幅程度に足を開き

足の甲は床につけてつま先まで伸ばします。

両手は胸の横に手のひらを床にしておき、ひじは曲げ、

脇を締めるようにして下さい。

息を吸いながら、ゆっくりと体の上部を持ち上げ

緩やかに背中を反らします。

背中と耳を離すようなイメージで首の後ろを気持ちよく伸ばします。

この状態から息を吸いながらうつ伏せに戻ります。

この動きを1,2回繰り返します。

【注意】

首が詰まらないように注意します。

つい腕の力で体を起こしがちですが、意識するのは

腹筋と背中です。

腕はあくまでサポートするようにして感覚で動かしてみて下さい。

お尻に力が入らないように意識して

首の後ろに力を入れずにリラックスするのを心が得ます。

 

セルフでは絶対に無理しないでください。

どんな運動やエクササイズでも無理をすれば怪我をするのもです。

自分の出来る範囲で無理せずに行うとこが必要です。

その日の体調や疲れ具合など、実は体の状態は毎日違います。

自分の身体と相談しながら、無理のない範囲で行う事が必要です。

一気にやろうとせずにコツコツ継続が必要です。

日常生活で凝り固まった肩甲骨は一度のストレッチで改善するものではありません。

少しずつ悪い癖が取れて良い状態に変化します。

 

★コースのご予約は

 →恵比寿  ご予約は 03-3440-4422

 →大泉学園 ご予約は 03-5387-4900

 

各店舗ページよりメールでもご予約を承っております。

ご不明な点、ご質問がありましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

カイラックスはカイロプラクティックをベースとした整体・骨盤矯正で

背骨のズレを整えて神経の通りを良くして一人一人の

ウェルネス(健康維持・増進)とENJYO LIFEを実現致します。

TOP