ブログ
News

ごりごり肩甲骨

デスクワークで疲れを感じたりして

気付いたら肩甲骨がゴリゴリしていませんか

 

 

肩は関節の中でも比較的に自由度の高い動きが可能です。

物を持ち上げたり、何かを投げたり、細かい動作が出来る様々な

動きに対応しているため肩関節肩関節周辺の筋肉・腱を複雑に入り組んだ

形状から成り立っています。

 

肩関節はかなり動きの自由度が高いのは、骨では珍しく宙に浮いているような

構造をしています。肩甲骨は筋肉によって固定されています。

 

筋肉の拘縮でバランスや悪い姿勢で肩甲骨の位置がズレやすい

部分でもあります。位置がズレてしまうと、腕も上下に動かした

時に肩甲骨が自由に動く必要があり、肩甲骨が凝って動きづらくなると

肩が上に上がりにくくなったり痛みが出たりなど、影響が大きいので

しっかり肩甲骨周囲の筋肉を緩めてあげる必要があります。

 

肩甲骨周囲の筋肉

①棘上筋

②棘下筋

③肩甲下筋

④小円筋

⑤肩甲下筋

 

 

肩甲骨のゴリゴリを改善

①姿勢が悪い人であれば姿勢正す習慣を意識する。

②運動不足であれば肩を回りたり定期的なストレッチなどを血行を促進

 

 

肩甲骨がズレない為の正しい姿勢

 

気を付けの状態から横から見て

 ①耳の穴

②肩

③股関節

④膝関節

⑤足関節

 

の5つが真っ直ぐなラインが通るのが

綺麗な姿勢と言われてます。

壁を使うと簡単に綺麗な姿勢を作ることができます。

身体の裏面を壁に全部くっつけると綺麗な姿勢がご自身でも作れます。

 

その綺麗な姿勢から上半身を下に向かわずに

歩く時に真正面を見る事が必要です。

 

 

肩甲骨周囲のストレッチ

肩関節のストレッチを知っておくことは

日々健康的に過ごすためにも大切です。

 

特に、現代社会において猫背で前かがみの姿勢になり

長時間のデスクワークを行っている人も多く、肩甲骨周囲の

筋肉組織が凝り固まり関節にとても負担がかかり続ける事で

痛みが引き起こされてしまいます。

 

1.右腕を真っ直ぐ上げたところから肘を上げて

  背中上部に手が来るようにします。

2.左腕を背中の後ろに回りて肘を曲げていきます。

3.左手の指と右手の指が引っ掛かるようにロックします。

4.両指でお互いを引くようにして、出来る限り肩周囲の

  筋肉を伸ばしていきます。

5.4のポーズから30秒ぐらい同じ姿勢でキープします。

6.30秒終えた逆の腕に切り替えて逆側も伸ばしていきます。

 

※もしも肩関節が硬く指が組めなくポーズが出来ない場合は

タオルを使って伸ばしていく方法があります。

 

タオルがあれば、肩関節が硬くても同じポーズが取れます。

日々繰り返しいくと徐々に肩甲骨周囲の筋肉をほぐしていけます。

 

 

普段、何気なくしていた悪い姿勢や癖が、肩甲骨に悪影響をもたらして

自分自身の生活習慣を見つめ直して、行動すれば

辛くない肩甲骨を手に入れられます。

★ご予約は

 →恵比寿   ご予約は 03-3440-4422

 →大泉学園  ご予約は 03-5387-4900

 

各店舗ページよりメールでもご予約を承れます。

ご不明な点、ご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

 

カイラックスはカイロプラクティックをベースとした整体・骨盤矯正で

背骨のずれを整えて神経の通りを良くして

一人一人のウェルネス(健康維持・増進)とENJOY LIFEを実現致します。

TOP