ブログ
News

顎関節症からくる肩こりなどの症状

顎関節症 が原因かもしれない

 

その頭痛

肩こり

腰痛

 

と考えたことはありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

顎関節症

 

 

多くの人が聞いたことのある

症状名です。

 

 

顎関節に問題がある場合

 

顎周りの筋肉だけではなく

肩周りや

背中周りの筋肉も緊張しています。

 

顎のバランスが崩れることにより

多くのバンランスが

崩れてしまうのです。

 

ひどい方は顎が開かなくなったり

顎を開けた時にクリック音がなったり

最初にかいたような

頭痛や肩こり

腰痛などを

患う方もいます。

 

 

 

ではどのような原因が

顎関節症を作ってしまうのでしょうか

 

 

 

 

 

 

顎関節症の原因

 

1、噛み合わせ

 

2、ストレス

 

3、悪い姿勢

 

4、ぶつけたりなどの外傷

 

5、病気など

 

 

基本はこの5つが

顎関節症の原因となってきます。

 

 

特に多く感じるのは

13です。

 

今回はこの13について

考えていきましょう。

 

 

まずは

1の噛み合わせからです。

 

噛み合わせが崩れることにより

咬合時にカラダはストレスを感じます。

 

またまっすぐと開口できないと

左右の顎関節に負担がかかります。

 

鏡を見てチェックしてみましょう。

 

イーと発声しながら

唇を上げた時に上下の

歯列はあっていますか

 

また

鏡を見ながらゆっくりと

口を開いていきましょう。

 

下顎はまっすぐと

開口してるでしょうか。

 

これらでズレがある場合は

歯の位置

筋力差

関節のゆがみ

などの原因があります。

 

歯の位置は自分で変えることが

できませんが

筋力差や

関節のゆがみに関しては

トレーニングで変化を与えることは

できます。

 

 

またこのゆがみを放置すると

今後顎関節ににおいて

痛みを発生させることや

顔の左右差を

大きくする原因になります。

 

筋肉に負担がかかることにより

肩こりや頭痛にもなりやすくなります

 

筋力差や関節が固まる前に

早い段階で処置していきましょう。

 

 

 

 

 

次に

2のストレスです。

 

歯の噛み合わせを崩す原因のなかに

くいしばりがあります。

いわゆる

「歯ぎしり」です。

 

歯ぎしりは噛み合わせや

遺伝的なものが

原因とも言われていますが

大半はストレスからきています。

 

歯ぎしりは

睡眠時に脳の抑制器官が

解除されることにより

とてつもない力で行われます。

 

実際寝ている時にギリギリと鳴る音が

起きている時には

出すことができません。

 

歯ぎしりをすることにより

歯には相当なストレスがかかります。

歯が削れていたり

咬筋が発達してエラができたりします。

 

また噛みすぎることにより

顎関節にも当然負担はかかり

顎関節症や

顎関節の破壊にもつながります。

 

 

マウスピースで歯を守るという

こともできますが

根本的なストレスが改善されない場合

マウスピースを食いちぎってしまう

という方もいらっしゃいます。

 

それだけの力で噛む

ということは顎周りの筋肉だけでなく

体全体の筋肉が緊張します。

 

人によっては朝起きると

カラダがぐったりと疲れを感じる

寝た感じがしない

という人もいます。

 

寝ている間に

トレーニングしているようなものです。

当然カラダは疲れます。

 

 

まずはストレスの原因をさぐり

根本的なところから

改善していく必要性があるでしょう。

 

 

 

 

 

 

最後

3つめの悪い姿勢です。

 

一見、顎関節症と

姿勢とは関係ないように

感じるかもしれませんが

とても重要なポイントに

なっています。

 

まず立て肘をついて

片方の顎を抑えたような状態

これはもちろん噛み合わせを

崩すひとつの原因になります。

 

猫背に伴う骨盤の後傾も関係してきます。

 

 

感じてみて下さい

 

 

猫背の状態

右側を向いた状態

左側を向いた状態

頭を前に倒した状態

頭を後に倒した状態

頭を横に倒した状態

 

これら全てで

歯の接触状態がかわるのが

わかりますか?

 

 

ということは

常に傾いている方は

同じ場所で噛み続けている

ということになります。

 

常に傾いている方は

筋肉の使い方も偏ってしまします。

 

同じ場所で噛み続けていれば

もちろん歯への負担は大きく

歯は削れます。

 

 

バランスは崩れて

片側への負担が増えます

 

筋力バランスも崩れます

 

噛み合わせもずれます

 

関節への負担も増えます

 

筋力差により見た目の左右差が生まれます

 

無駄に力が入りやすくなります

 

筋肉は緊張し肩こりになります

 

強いか肩こりは頭痛を招きます

 

背部が緊張して腰痛になります

 

 

これら全てがおこる可能性を秘めています。

 

 

これは肩こりを治しただけでは

すぐに改善されていきません。

また、顎関節症を治しただけでも

姿勢が崩れていると

再発する恐れがあります。

 

その歪みは、痛みは

どこからきているのか

そこをしっかりと見極め

根本的に治療して

顎関節症も

肩こり、腰痛、頭痛など

慢性的な症状も改善していきましょう。

 

 

★ご予約は

恵比寿  ご予約は03-3440-4422

大泉学園 ご予約は03-5387-4900

 

各店舗ページよりメールでもご予約を承ります。

ご不明な点,ご質問がありましたら,お気軽に

ご連絡ください。

 

カイラックスはカイロプラクティックをベースとした

整体・骨盤矯正で背骨のズレを整え,神経の通りを

良くして,一人一人のウェルネス(健康維持・増進)

とEnjoy Lifeを実現いたします。

 

TOP