骨盤矯正
News

インナーユニット~ 横隔膜 ~

カイラックスでは整体、骨盤矯正による

『美しい姿勢』づくりを通して

皆様に健康を、それ以上のHappyをお届けすることを

コンセプトにしています。

 

 

これまで姿勢を支えるインナーユニットをご紹介

してきましたが、今回で最終回となります。

 

最後はインナーユニットの上蓋である

『横隔膜』

です。

 

膜という漢字が使われている為、薄いものを

想像されるかもしれませんが、

横隔膜はなかなか厚みのある筋肉です。

 

重要な役割は呼吸です。

 

 854f95b107030c6abd84081f134c7389

 

息を吸うときには

横隔膜は下に下がりながら収縮します。

そうする事により肺にたくさんの空気を

吸うだけのスペースがうまれます。

また、下に下がる事によって、お腹を上から押し

お腹の前側が膨らみます。

 

息を吐くときには

横隔膜は上に上がり、肺を押し上げる事によって

息を吐きやすくします。

緊張して、肩で呼吸している方は横隔膜自体が

上がったままなので、空気をとり込みにくく

なっています。

 

 

また、前回ご紹介した『腹横筋』とは

拮抗した関係にあります。

 

息を吸うときは

横隔膜が収縮し下がり、お腹が出る

この時に腹横筋は緩みます。

 

息を吐くときは

横隔膜が緩んで引きあがり、

腹横筋が収縮し、ドローインされます。

 

 

文字での説明になってしまいますが、

イメージは湧きますか?

 

 

呼吸ひとつする時にもこのようなインナーユニット

の動きを意識していくだけで、質の高い呼吸が

出来るようになります。

 

 

姿勢を支える胴体部分の4つのインナーユニット

をご紹介させて頂きましたが、日々の姿勢保持の

お役にたてたならば幸いです。

 

良い姿勢を良い習慣に!

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

カイラックス恵比寿院 榎本裕司

 

★体幹を整えていく整体はこちら

 →骨盤矯正

 

★体幹強化の整体のご予約はこちら

 →恵比寿

 →大泉学園

TOP