肩こり解消法
News

背中の痛み 肩甲骨 の内側が特に痛い時の原因と対処法

背中の痛み 肩甲骨 の内側が特に痛い・・・

 

 首を動かすと、ビキっと背中が痛い

 背中が痛くて、背筋を伸ばせない

 肩を動かすと、背中に響く

 何もしていなくても、背中が重痛い

 

このような症状で悩んでいませんか?

 

その背中の痛みの原因と対処法を

ご紹介していきます。

 

 

肩甲骨の内側部分、

背骨と肩甲骨の間の痛み

 

様々な原因がありますが、

肩甲骨と背骨の間の筋肉が痛む

ケースが良く見受けられます。

 

痛みの種類は2パターン

 

 

1、寝違え等による急性の痛み

 

全く首や背中を動かせない痛みであれば、

急性の炎症反応による影響が考えられます。

 

何かしらの原因で筋肉を傷めてしまった

簡単に言えば、『筋肉の切り傷』のような

ものです。

 

皮膚の切り傷が修復するのに数日かかるのと

同じように回復には数日要します。

 

無理に動かすと傷に障るので、患部は極力

安静にさせる事をおすすめします。

 

しかし、早めに処置を施す事により、

回復を早める事につながります。

====================

◎辛い寝違えの痛みを整えたいなら

大泉学園院 / 恵比寿院

====================

 

2、筋肉の硬縮による慢性的な痛み

 

姿勢の崩れが原因で負担がかかり、

肩甲骨と背骨の間の筋肉が凝り固まり

血流不良による痛みが出るケース

 

肩甲骨と背骨の間の筋肉

それは 菱形筋群 になります。

 

菱形筋群とは

上部にある小菱形筋と

下部にある大菱形筋の

二つで出来ています。

 

主に肩甲骨を引き寄せる働きがあります。

 

猫背、巻き肩、ストレートネック

などの姿勢でいると、肩甲骨は開き

菱形筋群への負担が大きくなります。

 

頭の重さが約5~6kg

それが背中に常に乗っていると・・・

 

さらに肩甲骨が開くと、

肋骨が狭まり、背中の中からも

緊張を高めます。

 

これが非常に厄介。

 

 

 

 

背筋を伸ばしている時

肋骨は上を向いています。

 

猫背、巻き肩になり肩甲骨が開くと

肋骨は下を向きます。

 

 

肋骨が動く事によって緩む背中の筋肉

 

肋骨が下垂する事により、呼吸が浅くなり

背中の緊張を強める事につながります。

 

姿勢の崩れが肩甲骨の内側に負担をかける

 

正しい姿勢になれば、背中の筋肉への負担

を減らすことが出来るのです。

 

それでは、肩甲骨の内側に負担をかけない

姿勢とは?

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

正しい姿勢は

耳→肩の中央→大転子→膝→外くるぶし

を通ります。

 

特に重要なのが

耳と肩の中央を合わせる事

 

背中に痛みが出やすい人は

耳の位置が前に出ている方が多く

ストレートネック気味になりがちです。

 

頭、首が前に出ていませんか?

 

このような姿勢は頭の重さが背中に乗って

筋肉はもちろん、肩甲骨の可動域も

狭めてしまいます。

 

背筋を伸ばしている時は

腕をまっすぐ上げられるけど、

 

猫背、巻き肩、ストレートネック、肋骨下垂

が起きると、腕は真上まで上がりません。

 

 

実際に試してみて下さい。

 

 

凝り固まった背中の筋肉は

背筋を伸ばして、肩甲骨を動かす事で

改善していきます。

 

整体の現場でも大好評の

背中をゆるゆるにするストレッチを

ご紹介していきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

タオルを使った肩甲骨エクササイズ

~~~~~~~~~~~~~~~~

肩甲骨を寄せ合う事で、菱形筋のコリを

ほぐしていきます。

 

1、タオルを持ってバンザ~イ

肘を曲げ、タオルを頭の後ろまで下ろす

 

肩甲骨同士をしっかり寄せ合う事を

意識しながら、10回~20回上げ下ろし

 

お風呂上りにバスタオルなどで行うと

日々の習慣になりやすいです。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~

ごりごり肩甲骨を改善!肩甲骨回し

 ~~~~~~~~~~~~~~~~

両手を前に出し、手首辺りでクロス

 

そのまま肩の高さまで上げ

後ろにグルグルまわしていきます。

 

腕をクロスさせることにより、

肩と肩甲骨が連動する軸ができ、

背中の筋肉が動きやすくなります。

 

ゆっくり肩甲骨の動きを感じながら、

10回を目安に肩を回していきます。

 

~まとめ~

 

背中の痛み 肩甲骨 の内側の痛みを

整えていくためには

日頃から背筋を伸ばしましょう

 

そして肋骨を起こして、肩甲骨を寄せる

 

頭の重さを背骨にまっすぐ乗せる事により

菱形筋群への負担を軽減させられます。

 

慢性的に固まった肩甲骨の内側に

+αの負担がかかると急性症状に

 

菱形筋群の柔軟性は1日にてならず

 

です。

 

姿勢やストレッチを習慣化させましょう。

 

それでも

 

・自分では正しい姿勢が分からない

・セルフケアでは背中の痛みが取りきれない

・もっと肩甲骨の可動域を拡げたい

 

など、肩甲骨の内側の痛みでお困りの方は

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

これまでカイラックスでは

 

 首を動かすと、ビキっと背中が痛い

 背中が痛くて、背筋を伸ばせない

 肩を動かすと、背中に響く

 何もしていなくても、背中が重痛い

 

など、様々な肩甲骨の内側の痛みで

お悩みのお客様がご来院されました。

 

姿勢を矯正し、肩甲骨の可動域を拡げて

 

・肩甲骨の内側の痛みがとれた

肩甲骨に指が入るようになった

・背中の重さが取れてスッキリした

・背中が柔らかくなって、呼吸がしやすい

・朝方、背中の硬まりが感じにくくなった

・背中がビキッとなる不安が解消した

 

などのお客様の声を頂きました.

 

肩甲骨の内側の痛み関するお悩みは

カイラックスGoldコース で

専門的に姿勢から肩甲骨を整えてまいります

=====================

★肩甲骨内側の痛みを整える整体のご予約

大泉学園 ご予約は03-5387-4900 

恵比寿  ご予約は03-3440-4422

=====================

 

1996年創業以来、アップデートを繰り返し

ながら、恵比寿,大泉学園 院ともに

姿勢矯正に力を入れて取り組んでいます

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カイラックスの姿勢矯正 は

早稲田ウェルネス研究所監修

 

大手治療院口コミサイト【エキテン】

沢山のお客様の声を頂いております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎多くの口コミありがとうございます。

 

その他、姿勢矯正に関する口コミはこちら

 

【姿勢矯正の良くある質問】

 

Q、1回でも歪みは整いますか?

 

A、歪みはとれますが、定着させるのには

   最低でも5,6回続けて通うことを

   オススメしております。

 

猫背、巻き肩、ストレートネックなどの歪み

は日常生活のクセからくることが大半です。

一回の姿勢矯正で歪みが整うこともあります

が、良い状態を保てず、数日後には逆戻り

するケースが良く見受けられます。

姿勢を整え、症状を安定させていく為には、

最低でも週1回の来院で5、6回続ける事を

ご提案させていただいています。

 

Q、姿勢矯正って痛いの?

 

A、ご安心ください。痛みはありません。

 

痛みや怖さを感じると、筋肉は緊張して

硬くなります。そうなると動きをつけたい

関節も動かなくなります。

整体が初めての方でも、丁寧に力加減など

伺いながら施術をしてまいります。

心地よい施術で眠ってしまう方もいます。

 

Q、着替えはありますか?

 

A、当院でご用意しております。

 

動きやすいお着替えを用意しております

お仕事帰りでもお気軽にお越しください

 

Q、肩甲骨整体を受けるのに、予約はいりますか?

 

A、お手数ですが、ご予約をお願いしております。

 

当院は完全予約制となっております。

ご予約を頂くことで、お待たせせず、

あなたの姿勢を整えるお時間を確保させて

いただきます。

 

=====================

★ 肩甲骨の痛みを整える整体のご予約

大泉学園 ご予約は03-5387-4900

恵比寿  ご予約は03-3440-4422

 =====================

ご予約はお手数ですが、ご希望店舗にお電話か

各店舗ページよりメールでもご予約を承れます.

ご不明な点,ご質問がありましたら,お気軽に

ご連絡ください。

 

カイラックスは

カイロプラクティック をベースとした

整体 ・骨盤矯正で背骨のズレを整え、

神経の通りを良くして

一人一人のウェルネス(健康維持・増進)

とEnjoy Lifeを実現いたします。

 

文責 : 恵比寿 院 榎本 裕司

 

TOP