下半身やせの秘訣
News

大転子 引っ込める 太もも痩せ

カイラックスでは整体、骨盤矯正による

『美しい姿勢』づくりを通して

皆様に健康を、それ以上のHappyをお届けすることを

コンセプトにしています。

 

夏に向けて、衣服も軽装になり始めるこの時期は

カラダのプロモーションを気にされる方が

増えてきます。

大転子をひっこめたいというお悩みとともに

多いのが

痩せにくい

部分的に引き締めたい場所を伺っていると

『太もも』

この

太ももを引き締めたいという要望が圧倒的に多いです。

 

ダイエットをしてもなかなか『太もも』だけ痩せない

というお話を良くお聞きします。

 

なぜ、『太もも』だけ痩せないのでしょうか?

 

答えは『太もも』の裏側にあります。

 

hamst03

 

太ももの裏側には

 

1、大腿二頭筋

2、半腱様筋

3、半膜様筋

 

の3つの筋肉から構成されている

ハムストリングスという筋肉群があります。

 

このハムストリングスを普段から使えていないのが

大きな原因となってきます。

 

 

突然ですが、

日頃の立ち姿勢が“前のめり”になっていませんか?

重心位置がつま先の方になってませんか。

 

重心が前がかりになってくると

膝が軽く曲がってしまい

太ももの前側で体重を支えることになります。

 

こうなると前ももの張りがとれず

常に 太ももの筋トレ状態のようになってしまい

太ももが 引き締まりにくくなるのです。

 

 

そこでいかに、太ももの後ろの筋肉である

ハムストリングスを使えるかが

重要となります。

ハムストリングスを使うには

重心を “かかと” に乗せるようにします。

いきなりかかとといわれましても・・

なかなか、前のめりの姿勢が身についている方ですと

難しく感じるかもしれません。

身体を整えて

姿勢を整体ストレッチなどで

整えてからやるとかかとに重心が

乗せやすいと思います。

 

正しい重心の位置は

カイラックスコース

のページにイラストがありますが、

 

横から見ると

1、耳の穴

2、肩の中心

3、大転子

4、膝関節のやや前方

5、外くるぶしのやや前方

を一本の線で引いたラインが理想です。

 

 

太ももが引き締まりにくい方は

お腹を突き出した『反り腰』姿勢

なっている方が多いです。

 

骨盤を立てて、“かかと”に重心を置いて立つように

心がけてみてください。

さらにかかとに重心を置いた後に

太ももの力を抜く

太ももに力が入ってないか確認して

力を抜く

太ももの筋肉の使い方を変えれば、

太もものラインが変わります。

 

正しい姿勢がわからない際は、

まずは、姿勢を整える整体や骨盤矯正などで

身体を整えることから始めてみるのもいいかもしれません。

体の歪みなど

丁寧に姿勢を確認してまいりますので、

お気軽にご相談ください。

 

次回は太ももを引き締める整体スクワット

ご紹介していきたいと思います。

 

その他、下半身やせの方法にご興味がありましたら、

こちらの下半身やせの秘訣をご覧ください。

 

カイラックス恵比寿院 榎本裕司

 

★太ももを引き締めたいなら、この整体

 →下半身ダイエット

 

★太ももを引き締める整体のご予約はこちら

 →恵比寿

 →大泉学園

TOP